【入札公告】自動販売機の設置事業者募集

次のとおり自動販売機を設置する事業者を募集します。

入札公告((0)入札公告(PDFファイル).pdf

(入札の概要)

1 自動販売機設置場所及び台数

 物件番号1 2階休憩コーナー 1台

 物件番号2 2階休憩コーナー 1台

 物件番号3 1階玄関ポーチ 1台

 物件番号4 1階玄関ポーチ 1台

2 入札日時・場所

 日時:令和2(2020)年3月13日(金) 午前10時00分から

 場所:栃木県立博物館 1階 会議室

3 入札参加申請期間

 令和2(2020)年2月13日(木)~ 令和2(2020)年2月26日(水)

4 募集要項等

 (1) 自動販売機設置事業者募集要項((1)自動販売機設置事業者募集要項.pdf

 (2) 自動販売機設置場所貸付に係る仕様書((2)(別記様式第1号)自動販売機仕様書.pdf

 (3) 位置図((3)位置図.pdf

 (4) 入札参加申請書、誓約書及び質問書様式((4)(別記様式第2号)入札参加申請書.docx (4)(別記様式第3号)誓約書.docx (4)(別記様式第4号)質問書.docx

 (5) 入札書及び委任状様式((5)(別記様式第6号)入札書.docx (5)(別記様式第7号)委任状.docx

 (6) 県有財産賃貸借契約書((6)(別記様式第9号)自動販売機賃貸借契約書.pdf

<連絡先> 栃木県立博物館 管理部総務課

 〒320-0865 栃木県宇都宮市睦町2-2

 電 話 番 号 028-634-1311

 ファックス番号 028-634-1310

 E メ ー ル hakubutsukan@pref.tochigi.lg.jp

新刊のご紹介

  • 投稿日:
  • by

このたび、以下の書籍が刊行されましたので、紹介させていただきます。いずれの書籍も当館のミュージアムショップで販売しております。

1.江田郁夫編『中世宇都宮氏 一族の展開と信仰・文芸』戎光祥出版

本書は、平成29年(2017)に当館で開催いたしました開館35周年記念特別企画展「中世宇都宮氏 頼朝・尊氏・秀吉を支えた名族」における調査研究の成果をまとめたものです。東国屈指の名門武士団の多面的な存在形態を、政治・文化・宗教との関係から明らかにします(展覧会図録も販売しておりますので、合わせてご参照いただければと思います)。

utsunomiya.JPGzuroku_utsunomiya.JPG

2.江田郁夫・簗瀬大輔編『中世の北関東と京都』高志書院

本書は、平成30年(2018)に群馬県立歴史博物館・茨城県立歴史館・栃木県立博物館で開催された北関東3館連続シンポジウム「中世の北関東と京都」の成果をまとめたものです。京都との関係をテーマに北関東の中世史を概観する初めての試みです。

kitakanto.JPG

3.江田郁夫・山口耕一編『戦乱でみるとちぎの歴史』下野新聞社

本書は、戦乱を通じて郷土の歴史を見直すことを目的とし、「戦(いくさ)」と「政治(ちから)」の視点から、古代から近代までの「とちぎ」の歴史の特徴を叙述しています。senran.JPG

いずれの書籍にも栃木県の歴史と文化に関する最新の研究成果(すべて初公表の書き下ろし)が盛り込まれていますので、ぜひ手にとっていただければと思います。

(人文課)

令和2(2020)年度の学芸員資格取得希望者向けの博物館実習は、下記の日程で実施を予定しています。

【予定】

A日程:7月22日(水)、および10月31日までの5日間

B日程:9月2日(水)~4日(金)、8日(火)~10日(木)

なお、次年度の「栃木県立博物館実習生受け入れ要綱・記入方法・様式」は、4月上旬頃にホームページに掲載する予定です。受け入れ条件や実習内容等について、次年度版が掲載されるまでは、現在ホームページに掲載している平成31年度の要綱を参考にしてください。

キッズツアー「どぐうのふしぎ」を行いました

みなさん、こんにちは!

1月19日(日曜日)の県博デーに、キッズツアー「どぐうのふしぎ」を行いました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

当日の様子をご紹介いたします。


縄文(じょうもん)時代は今から1万2000年くらい前から2300年くらい前まで続いた時代で土から土器(どき)や人の形をした土偶(どぐう)を作っていました。

IMGP5156_R.jpg

当時の人たちは不便ながらも工夫をこらした暮らしをしていました。

IMGP5163_R.JPG

当時は草であんだ服を着ていました。写真の上の模型(もけい)のどぐうは当館のマスコット『みーたん』の元になったものです。

『みーたん』は、今日元気いっぱいに建物の中を歩き回っていたようですよ。

ほかのおもしろいどぐうにもみなさん興味(きょうみ)しんしんで耳をかたむけてくれました。

IMGP5164拡大_R.jpg

服もこんなにすきまがあいていたら冬は寒かったでしょうね。毛皮も着ていたようです。

IMGP5205_R.JPG

栃木県からもいろんなどぐうがでてきています。知っていたかな。

IMGP5204_R.JPG

犬の土製品(どせいひん)もあります。縄文の人たちは犬を家族の一員として大切にしていました。

おはなしを聞いてくれたみなさま本当にありがとうございました。


次回のキッズツアーは2月16日(日曜日)『おもしろ!お城』です。

日本のみんなの知らないお城の世界をご案内します。

また、この日は県博デー(博物館の日)として、他にもたくさんのイベントを開催いたします。

  

みなさまのご来館をお待ちしています!

(教育広報課 解説員 相子)

中央公園の野鳥観察会

1月19日、県博デーの日曜日、中央公園緑の相談所と栃木県立博物館の共催で野鳥観察会が行われました。

開始時間の9時には60名の参加者の皆様が、お集まりになりました。

観察会の講師として、バードリサーチの平野敏明さんと、日本野鳥の会栃木県支部の石塚文彦さんにお越しいただきました。

この日の朝は晴れていて暖かく、中央公園の池は全く凍っていませんでした。参加者の方が多いため、今回は2つの班に分かれて観察を行いました。

これは、池の近くでジョウビタキなどを観察しているところです。

池の水面にはカルガモとカイツブリが見られました。

IMGP8098_R.JPG

講師の先生のお話では、今年は雪が少なく、山に鳥のエサになる木の実などが残っているので、鳥たちがあまり里に出てこないとの

ことでした。

IMGP8101_R.JPG

この場所では、ヒヨドリやシジュウカラ、エナガなどを観察しています。

また、池のほとりのあずまやの近くでは、オスのカワセミが木の枝に留まっていて、参加者の皆さんはその姿をじっくり見ることがで

きました。カワセミの体の瑠璃色の美しさには、感嘆の声がしきりに上がっていました。

IMGP8103_R.JPG

最後に、博物館の横の広場に再集合して、今日のまとめを行いました。

ドバト、シメ、ハシボソガラス、カワセミ、ヒヨドリ、メジロ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、モズ、シジュウカラ、エナガ、コゲラ、ウグイス、カルガモなどの多くの野鳥を観察することができました。

お寒い中、たくさんの皆様に参加していただき、有難うございました。

    (自然課 浅羽 記)

栃木県博には、非常に小さいものを観察できる特別な顕微鏡があります。その名も、「電子顕微鏡」です。
理科の授業でプレパラートを作って赤血球や細胞を観察した方は多いと思いますが、そこで使われているのは「光学顕微鏡」です。光学顕微鏡では、試料に当てた光をレンズを通して観察します。しかしこの顕微鏡は、バクテリアなどの1000分の1ミリ以下のものははっきり観察できません。そこで登場するのが電子顕微鏡です(写真は県博にある卓上式電子顕微鏡)。電子顕微鏡.jpg

電子顕微鏡は、光の代わりに電子ビームを試料に当て、跳ね返ってきた電子を検出して、拡大像を観察します。高性能な電子顕微鏡を使えば、なんと原子レベルのミクロな観察もできます。電子顕微鏡を使っているところ.jpg

今回は、キノコや地衣類といった菌類の仲間を、電子顕微鏡で見てみました。写真のキノコは、最近栃木県内で初めて見つかった「スゴモリダンゴタケ」という珍しいきのこです。スゴモリダンゴタケ.jpg

このキノコの胞子は、光学顕微鏡で見ると少しざらついた球形に見えるのですが...スゴモリダンゴタケの胞子.jpg

電子顕微鏡で見るとこの通り。胞子の表面に非常に小さなイボが付いているのが分かります。

講座では、他にも地衣類の表面や断面など、いろいろな菌類を拡大して観察しました。普段は見えない世界を垣間見た講座でした。

(自然課 山本)

2月のミュージアムツアーのご案内

当館では2月に以下の展示を開催いたします。

★テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」12月14日(土曜日)~4月5日(日曜日)

★テーマ展「名所絵ー旅する絵画ー」1月11日(土曜日)~2月9日(日曜日)

★テーマ展「栃木の年中行事」1月11日(土曜日)~2月9日(日曜日)

★テーマ展「あつまれ!自然好き-ポスター発表-」2月1日(土曜日)~3月1日(日曜日)

★テーマ展「栃木の海と貝塚」2月22日(土曜日)~4月5日(日曜日)

★テーマ展「中世下野の歴史物語の世界-玉藻前草子と幸若舞曲信田-」2月22日(土曜日)~4月5日(日曜日)

2月のミュージアムツアーのスケジュールについては以下のとおりです。

ミュージアムツアーは1330分から開催しております。

土曜日、日曜日(第3日曜日を除く)、祝日のみの開催です。なお、第3日曜日はキッズ・ツアーを開催します。

 

2月1日(土曜日)  テーマ展「名所絵-旅する絵画-」

2月2日(日曜日)  テーマ展「栃木の年中行事」

(※2日は14時から15時まで、学芸員によるテーマ展「名所絵-旅する絵画-」の展示解説もございます)

2月8日(土曜日)  テーマ展「栃木の年中行事」

2月9日(日曜日) テーマ展「名所絵-旅する絵画-」

2月11日(火曜日) テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

2月15日(土曜日) ロビー展示「身のまわりの石たち」

2月16日(日曜日) キッズツアー「おもしろお城ツアー」

2月22日(土曜日) テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

2月23日(日曜日)テーマ展「中世下野の歴史物語の世界-玉藻前草子と幸若舞曲信田-」

2月24日(月曜日)テーマ展「栃木の海と貝塚」

2月29日(土曜日)テーマ展「栃木の海と貝塚」

※2914時から15時まで、学芸員によるテーマ展「中世下野の歴史物語の世界-玉藻前草子と幸若舞曲信田-」の展示解説もございます)

 

 


テーマ展は約20分、キッズツアーは約30分、ロビー展示は約15分を予定しております。

 

キッズツアーとは?

通常のミュージアムツアーとは異なり、お子様向けに毎回内容をかえて解説を行います。

解説場所については、当日の館内の掲示板や館内放送にてお知らせいたします。

 

また、2月の休館日は、

3日(月曜日)、10日(月曜日)、12日(水曜日)、17日(月曜日)、25日(火曜日)です。

 

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

みなさんこんにちは。

111日の土曜日に、博物館でやってみよう!「体験!ちょっと昔の暮らし」を行いました。

IMG_1543_R.JPG

こちらは、水汲みの様子です。水桶を天秤棒にかけて使用します。とても重そうにみえますが、水汲みは子どもの仕事だったそうです。

IMG_2032_R.JPGIMG_2034_R.JPG

続いて石臼の体験です。上下2つの石にそれぞれ溝が彫ってあり、その溝の隙間を通ることで豆がすり潰されて粉になります。さて、大豆を粉にすると...何が出来るでしょう? 正解は「きなこ」です。体験中にも、きなこのよい香りが漂っていました。石臼は現在でも、一部のお蕎麦屋さんなどで使われています。

IMG_2052_R.JPGIMG_1557_R.JPG

他にも、薬をつくるための薬研(やげん)と呼ばれる道具や火起こし器、けん玉などのおもちゃの体験もしていただきました。参加してくださった皆様、ありがとうございました!



次回の博物館でやってみよう!は、1月13日(月曜日) 「十二単を着てみよう」です。

男の子でも大丈夫!平安貴族の衣装に触れるチャンスですので、ぜひお越しください。

教育広報課 解説員

メリークリスマス!

令和になって初めてのクリスマスを迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか?

博物館では12月22日(日曜日)に博物館でやってみよう!「木の実クラフトをつくろう」を行いました。

身近にある木の実を使って作品を作りました。

そのときの様子を一部紹介します!


まず初めに、木の実についてちょっとだけお勉強。

木の実の知っているようで知らない話をご紹介しました。

IMG_7268_R.JPG

さらに、アカマツのマツコさんによる特別番組でまつぼっくりの不思議な実験も披露!

ちなみにゲストは『まつぼっくりの魅力を広めたい女』ストローブマツのボックリさんです。

IMG_7272_R.JPG

IMG_1399_R.JPG

まつぼっくりは、水につけると閉じて、乾燥すると開くんですよ。

次はお待ちかねの木の実クラフトです。

好きな木の実やビーズなどを選んで、自分だけの作品をつくりました。

IMG_1398_R.JPG

IMG_7282_R.JPG

IMG_7283_R.JPG

IMG_7285_R.JPG

~作品紹介~

IMG_7286_R.JPG

IMG_7287_R.JPG

IMG_7289_R.JPG

IMG_1522_R.JPG

紹介した作品は一部ですが、皆さん個性豊かで、とても素敵な作品ばかりでした!

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!


さて、来年1月の博物館でやってみよう!は、

1月11日(土曜日) 体験!ちょっと昔の暮らし

電気や水道の無いころはどんな道具を使っていたのかな?びっくりする工夫がいっぱい!

まだ空きがございますので、皆さまのご予約をお待ちしております。

1月13日(月曜日) 十二単を着てみよう

今年度最後の十二単を着るチャンス!みんなで平安気分を味わおう!

どなたでもご参加いただけます。お気軽にお越しください。

解説員 青野 阿見

1月のミュージアムツアーのご案内

当館では1月に以下の展示を開催いたします。

テーマ展「昭和天皇の生物学御研究」11月26日(火曜日)~1月19日(日曜日)

★テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」12月14日(土曜日)~4月5日(日曜日)

★テーマ展「名所絵ー旅する絵画ー」1月11日(土曜日)~2月9日(日曜日)

★テーマ展「栃木の年中行事」1月11日(土曜日)~2月9日(日曜日)


1月のミュージアムツアーのスケジュールについては以下のとおりです。

ミュージアムツアーは1330分から開催しております。

土曜日、日曜日(第3日曜日を除く)、祝日のみの開催です。なお、第3日曜日はキッズ・ツアーを開催します。

 

1月5日(日曜日)  テーマ展「昭和天皇の生物学御研究」

1月11日(土曜日)  テーマ展「名所絵ー旅する絵画ー」

1月12日(日曜日)  テーマ展「栃木の年中行事」

※1214時から15時まで、学芸員によるテーマ展「昭和天皇の生物学御研究」の展示解説もございます)

1月13日(月曜日) テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

1月18日(土曜日) テーマ展「昭和天皇の生物学御研究」

1月19日(日曜日) キッズ・ツアー「どぐうのふしぎ」

1月25日(土曜日) テーマ展「栃木の年中行事」

1月26日(日曜日) テーマ展「名所絵ー旅する絵画ー」

※2614時から15時まで、学芸員によるテーマ展「栃木の年中行事」の展示解説もございます)


テーマ展は約20分、キッズツアーは約30を予定しております。

 

キッズツアーとは?

通常のミュージアムツアーとは異なり、お子様向けに毎回内容をかえて解説を行います。

解説場所については、当日の館内の掲示板や館内放送にてお知らせいたします。

 

また、年始と1月の休館日は、

1月1日(水曜日)~4日(土曜日)、6日(月曜日)、14日(火曜日)、20日(月曜日)、27日(月曜日)です。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。