みなさん、こんにちは。

企画展「大集合!北関東の動植物化石」で、初登場しておりますニッポンサイ(生体復元)です。

s_DSCN3164.JPG

元気いっぱいのやんちゃっ子な感じに仕上がっております!

s_DSCN3147.JPG

以前、本企画展限定のスタンプになりましたことをお伝えしましたが、

DSCN2633の2.jpg

その元となった骨格標本も展示されております。

s_DSCN2759.JPG

今回は、ニッポンサイも展示されております「新生代」をご紹介します。

s_DSCN2642.JPG

そもそも新生代は、どんな時代だったのでしょう?

s_DSCN3156.JPG

新生代は、約6600万年前から現在までを言います。

s_DSCN3158.JPG

この6600万年の間に北関東の大地は、大陸から離れて島になったり、

浅い海の中になったりと、深い海の中になったりと、大きく変動しました。

化石たちがその歴史を語ってくれます。

たとえば、

暖かい海だったことを教えてくれる

s_DSCN3155.JPG

群馬県で発見されたウミガメの仲間「クロベガメ」

s_DSCN3154.JPG

群馬県で発見された「オオグソクムシ」

たくさんの生きものが暮らせる豊かな海があったことを教えてくれる

s_DSCN3145.JPG

茨城県でみつかった「カルカロドン・メガロドン」

s_DSCN3160.JPG

栃木県でみつかった「トチギババガレイ」

大きな動物が暮らせる大地があったことを教えてくれる

s_DSCN3149.JPG

ヤベオオツノジカ

s_DSCN3148.JPG

ナウマンゾウ

いずれも栃木県の葛生地域で発見されています。

ブログではご紹介しきれない化石たちが、他にもたくさん展示されております。

s_DSCN3159.JPG

群馬県で発見された「アンナカコバネハクチョウ産状」

(翼の小さな飛べないハクチョウだったことがわかっています)

化石たちは、一体何を語っているのでしょう・・

最後に、北関東古生物研究の最前線について。

ここでは、研究が続けられている化石たちが展示されております。

s_DSCN3140.JPG

たとえば、茨城県の石・化石にもなっている「ステゴロフォドン」

s_DSCN3138.JPG

ゾウの仲間であることがわかりましたが、今のゾウと何か違うと思いませんか?

ぜひ実際に観察してみてください。ゾウの進化を研究するとても重要な化石です。

本企画展「大集合!北関東の動植物化石」は、いよいよ今週827()に終了となります。

3回にわたってお送りしてきました本ブログも今回で最終回です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

s_DSCN3142.JPG

多くの皆様方にぜひ本企画展をご覧になって頂き、

北関東がもともとは、どんな大地だったのか、

どのようなことが起きて今のような大地になったのか、

そして私たちが誕生する前はどんな生き物たちが暮らしていたのか、

私たちの暮らす大地の歴史に思いを馳せていただけたら、大変嬉しく思います。

(自然課 薄井)

813日に、講座「昆虫標本を作ってみよう」を行いました。

s_DSC05879.JPG

標本づくりを始める前に、標本についての説明です。

大切なのは、「いつ」、「どこで」見つかったのかがわかるようにすることです。

それがないと、ただの死んだ虫です。

子供たちも、しっかりと聞いてくれました。

s_DSC05880.JPG

いよいよ、標本づくりです。

みんな必要な道具を準備し、待ちに待った標本選び!

今回は昨年、作りたいという声があったカミキリムシのはずが...

選ばれていくのはカブトムシやクワガタばかりです。

s_DSC05883.JPG

準備が整ったら、さっそく標本づくりスタートです。

それぞれ袋から出し、昆虫針を体に刺します。

針をまっすぐ指すのは難しく、苦戦しているようなのでスタッフ総出でフォローします。

みんな集中して標本づくりに没頭しています。

それぞれ、自分の気に入った形に脚や触角をそろえていきます。

後ろばねを出した標本もあります。

DSC05888.JPG

慣れてきたら、さらにもう1つ、2つと標本を作ります。

標本づくりをマスターするには、やっぱり、たくさん作ることです。

中には標本づくり用の台がいっぱいになる子も!がんばったね~。

最後に標本の乾かす期間や保管についてお話しし、もう一度、標本には必ず採った場所と日付をつけるようにと念も押して無事に終了。

せっかくとった昆虫を、みなさんも標本にして大切に保管してください。

その標本がいつか、とても貴重な記録になるかもしれませんよ。

(自然課:鈴木)

みなさんこんにちは!

暑い日が続き、夏真っ盛りですね♪

さて、8月3日(木曜日)に、

博物館でやってみよう「化石ざんまい―化石さがしとレプリカづくり―」を行いました。

たくさんの方に参加いただき、ありがとうございました!

今回は「化石ざんまい」ということで、

化石好きにはたまらない盛りだくさんの内容でした。

それでは、当日の様子をすこし紹介させていただきます。

P1160320_R.JPG

まずは、レプリカづくり です。

すきな型を選んでもらい、石膏を流し込んで化石レプリカをつくります。

P1160363_R.JPG

石膏をきれいに流し込むことが、きれいなレプリカに仕上げるコツです。

みなさん真剣な表情で作業してくれました。

その後、みんなで展示室へ移動し、

企画展「大集合!北関東の動植物化石」を見に行きました。

P1160332_R.JPG

レプリカで作ったアンモナイトやカルカロドン・メガロドンの歯、

三葉虫など、たくさんの化石を展示しています。

P1160336_R.JPG

展示室で化石のことを知ってもらった後は、

研修室に戻って「化石さがし」です。

ひとつめは、「石割り」。

「塩原湖成層」の石の中から「木の葉石」などの化石をさがします。

P1160372_R.JPG

ハンマーで石を割ると、中から木の葉の化石が...

きれいな化石が見つかった方はラッキーです!

ふたつめは、「化石ひろい」です。

P1160377_R.JPG

細かい砂利のような化石の中から、

フジツボやウニのとげなどの化石を拾います。

みなさん集中してお気に入りの化石を探していました。

P1160344_R.JPG

さいごに、出来上がった化石レプリカを取り出して、

本日の「化石ざんまい」は終了です。

とっても上手にできましたね♪

盛りだくさんの内容でしたが、

化石にたくさん触れ、みなさん楽しく参加してくれました。


さて、9月の 博物館でやってみよう は、

9月9日(土曜日)「十二単を着てみよう」と、

9月30日(土曜日)「わかぴったん―百人一首に挑戦―」です。

特別展関連企画「わかぴったん―百人一首に挑戦―」には、

お筝のミニコンサートも開催予定です!

ぜひお誘いあわせの上ご来場ください♪

みなさまのご参加をおまちしております。

                                                   (解説員 有路・松永)

今年の夏は、不安定な天気が続いていますが、皆さんお元気ですか?

さて、7月27日・28日に、夏休み宿題応援企画 「My植物図鑑をつくろう」 を行いました。P1160212_R.JPG

簡単に作り方を紹介します。イチョウ・サクラ・モミジなど、たくさんの種類の中から、お気に入りの葉を選び...。 P1160210_R.JPG

その葉の上に半紙を乗せて、色鉛筆で葉脈を写し拓本をとります。好きな色を使い、カラフルな作品ができていきます。P1160224_R.JPG

続いて、その植物についての調べ作業をしていきます。みんな、お家の人やお友達と協力しながら、図鑑を開いて一生懸命作業を進めていました。

最後に、色画用紙で本のように綴じれば植物図鑑のできあがりです♪P1160255_R.JPGP1160259_R.JPGP1160261_R.JPG

今回は、夏休み宿題応援企画ということで、完成させる場所は...参加してくれたみんなのお家です。お家のお庭や、お出かけした場所で自分の好きな葉を採取して、ぜひページを増やしていって下さいね。努力して完成させた植物図鑑は、この夏の宝物になると思います。また、今回は参加されなかったお友達も、簡単ですのでぜひお家の人と協力しながら作ってみて下さいね。

※外出先で植物を採取するときは、管理事務所などに許可を頂いてからにして下さいね♪

教育広報課 解説員

ただいま好評開催中の企画展「大集合!北関東の動植物化石」の入館者が1万人を達成しました。

1万人目になったのは、真岡市からお越しいただいた金内美玖奈ちゃん。お父様と一緒に来館されました。記念式典では、当館館長の須藤より、企画展図録や化石の図鑑などの記念品がプレゼントされました。

-IMG_0137.PNG

館内は、連日たくさんのお客様で賑わっています。この企画展は、今月27日までの開催ですので、お見逃しなく!!

(自然課 河野)

観察会「セミの羽化を見よう」を行いました

  • 投稿日:
  • by

851830分より、セミの羽化の観察会を行いました。

1.jpg

観察の前に注意事項を聞いた後、夜の中央公園で幼虫を探します。

木の幹を見ると、多くの幼虫が登ってきています。

そして羽化をして、翅を伸ばします!

羽化したての成虫は、緑色が鮮やかできれいですね!

また、セミを探しているとこんな昆虫が・・・

この昆虫は、木の枝に擬態を