3月16日(土)から始まりました
テーマ展「世界の!栃木の!!コガネムシ~カブトムシだってなかまだよ~」

17日(日)には、とっておき講座 「あれもこれもコガネムシ!?~魅力あふれる昆虫~」を開催しました。
講師は、当館で昆虫を担当する栗原隆(写真右)&永嶋宏行(同左)です。

kousi.jpg

35,000種のいるコガネムシの仲間(コガネムシ上科)を紹介する今回のテーマ展では、世界のコガネムシ160種、栃木のコガネムシ140種の標本が展示されています。

koganemusi.jpg
コガネムシってこんな虫ばかりではないそうで、
クワガタムシもカブトムシもフンコロガシもコガネムシの仲間!

栗原氏からは、なぜコガネムシの仲間がこんなにも多様なのかという「分類」のお話。
形、食べ物、生息場所がすごく多様で、それを把握することは難しいので、分からないことも多く、分類することがほんとうに難しいとのこと。

続いて、永嶋氏から展示の見どころを紹介。
カブトムシのような角をもつコガネムシ、デザインが豊富なハナムグリ
アジアの森にいる大きなクワガタムシ。

巨大なコガネムシ、ヘラクレスオオカブト
herakuresu.png

背中がピカピカのプラチナコガネ。鏡のように周りの景色が映ります。

puratinakogane.png

サバンナにすむフンコロガシに、エジプト文明の壁画にも描かれているサケルタマオシコガネ、ウサギの耳のような角を持つカブトムシと、まさに、あれもこれもコガネムシ!
見てほしいところが、たくさんあります。


140種の栃木のコガネムシの展示では、ひとつしかない栃木県産の標本も展示されています。
コガネムシを観察できるポイントも紹介しているので、ぜひ、野外でコガネムシを探してほしいと話していました。

昆虫愛のあふれるコンビの展示「世界の!栃木の!!コガネムシ~カブトムシだってなかまだよ~」は、9月23日(月)までとなっています。

これから夏までコガネムシがたくさん出てきます。
展示を見て、コガネムシを探しに出かけてみてください。

・展示解説 14:00~14:30
 4月6日(土)、8月17日(土)
・観察会「鬼怒川でコガネムシをさがそう」※要予約
 5月5日(日)9:30~11:30 鬼怒川河川敷

*********
ただいま博物館では
テーマ展「下野薬師寺と龍興寺~鑑真和上とゆかりのある名刹~」(3/31まで)
テーマ展「昔のこと知ってっけ?~道具を知れば暮らしが見える~」(3/31まで)
も開催中です。 
また、令和6年度4月からの催し物案内も当ホームページに掲載されております。
企画展のほかにも講座や観察会を予定しておりますので、ぜひご参加ください。
ご来館をお待ちしております。

(自然課 猪狩)

みなさんこんにちは。

だんだんと暖かくなり花粉がとてもつらい時期になりました。

3月17日の県博デーでキッズツアー「いろいろな動物の歯を見てみよう」を行いました。

その様子を紹介します。


みなさんは歯をどのような時に使いますか?

ご飯を食べるときに使うと答える方が多いと思います。動物も食べるものによって特徴的な歯などを持つことがあります。

みなさんもご飯を食べるとき、食べ物を切るときはこの歯...硬いものを食べるときはこの歯...と考えてみると面白いかもしれませんね。

まず最初に紹介する動物はカタツムリ。

IMG_6433_R.JPG

カタツムリの舌の上には細かい突起が並んでいます。この突起のことを歯舌といいます。細かい突起はやすりのようになっていてこれを使ってコケを削り取って食べています。

この歯舌はカタツムリの他にイカ、タコ、貝などが持っています。

IMG_6435_R.JPG

続いて、展示室1に移動して歯を見ていきましょう。

始めにクジラの紹介をします。化石はオオガネクジラという名前で広く知られているものです。クジラには歯があるのでしょうか?

クジラには歯があるハクジラと歯が無くヒゲが口の中にあるヒゲクジラがいます。このオオガネクジラは1000万年前にいたヒゲクジラの一種と考えられています。

IMG_6440_R.JPG

これは縄文時代の人の骨です。

縄文時代の人も虫歯の人はいたようです。虫歯には気をつけましょう...

最後に展示室2の動物を見ていきましょう。

写真の右の方にいる大きな魚はコイです。

IMG_6443_R.JPG

コイにエサをあげたことはありますか?その時に「これがコイの歯か!」と思ったことがある方はかなり少ないはずです。

コイの歯はのどの辺りにあるため、なかなか目にすることがありません。この歯のことを「咽頭歯」といいます。

この歯はとてもじょうぶで、貝がらを砕いてしまうくらい硬いです。


キッズツアーに参加してくださった皆さま ありがとうございました。

次回のキッズツアーは4月21日「にほん動物いまむかし」です。

どうぞおたのしみに!!

教育広報課 解説員

みなさん、こんにちは!雪が降るほど寒い日になることもあれば、暖かい日も増えてきました。

そろそろ中央公園でも春の植物を見ることができそうです。

さて3月3日(日)博物館でやってみよう「十二単を着てみよう」を行いました。ご参加いただいた皆さんありがとうございました。

当日の様子を少しご紹介します。


IMG_6394_R.JPG

十二単は平安時代、身分の高い女性が着ていた服です。

多くのお客様に体験していただくため十二単の一部を羽織っていただきました。

十二単の十二とは、「たくさん」という意味があります。たくさんの単を着ている服、というのが十二単です。

夏は枚数は少なく、冬は多くを着こんで季節に応じて着る単の枚数を変えていました。なので、必ずしも12枚の単を着ているわけではないんですね。

そして重ね着するので当然重たい。着ていただいたお客様から「重ーい!」との声が上がっていました。

IMG_6397_R.JPG

IMG_6372_R.JPG

IMG_6401_R.JPG

IMG_6411_R.JPG

小さいお客様には十二単の一番上に着ている「唐衣(からぎぬ)」を羽織っていただきました。

みなさんとっても素敵ですね!

今回の体験を通して平安時代の人の暮らしに思いを馳せてくださったら嬉しいです。


次回の博物館でやってみようは3月10日(日)「瓦の重さを当てよう」です。

こちらは予約不要です。みなさんのご参加をお待ちしております。

教育広報課 解説員

出張!まるっと科学館in栃木県立博物館

改修工事で屋内施設休館中の科学館が、栃木県立博物館へ!

当日のスケジュールが決まりました!

当日は駐車場が混みあうことが予想されます。

公共交通機関をご利用になるか、中央公園入り口側の駐車場をご利用ください。

日時:3/23(土)・24(日) 両日 10:00~12:00 / 13:00~16:30

会場:栃木県立博物館 玄関ポーチ等

料金:参加無料 ※博物館の展示場をご利用の場合は観覧料がかかります。

syousaichirasiomote.jpgsyousaichirasiura.jpg

 2月25日(日)、「あつまれ!自然好き」を開催しました。

aisatsu.JPG

館長による開会のあいさつ

 栃木県内の自然を観察するグループが集まり、それぞれが調べたこと、活動したことを発表しました。今年は6グループが参加しました。

 小学生から大学生、大人と幅広い年齢層の方々が発表者として登壇しました。

mizuhono.jpeg

発表中のみずほの自然探検隊のみなさん

 発表内容も幅広く、林づくり、自然探検隊の活動報告、キノコ、淡水海綿、カワトンボ、タカの渡りなど多岐にわたっていました。

 「あつまれ!自然好き」に出席された人々の間で、情報が共有され、交流が進み、さらなる活動・研究の発展につながればいいなと思います。

(自然課 井上)

みなさん、こんにちは!

日ごとに暖かい一日が多くなり、もう春がすぐそこに来ていることを感じられるようになりましたね。

さて、2月25日に博物館でやってみよう「貝合わせ体験」を行いました。

その時の様子をご紹介します。


もうすぐひな祭り。ひな壇(だん)飾りの中に貝桶(かいおけ)を置いたり、蛤(はまぐり)のお吸い物をいただく習慣があることを知っていますか。じつは貝合わせという昔の遊びに関係しています。

本来の貝合わせは平安時代に貴族が貝の美しさや珍しさ、それに添えた和歌の出来栄え(できばえ)を競う遊びでした。それに対して貝の上下を分けて複数の伏せた貝の中から対になるものを見つける遊びを貝覆い(かいおおい)と言います。時代が下がるにつれてこちらも貝合わせと呼ばれるようになりました。主に大きさや見た目の良いハマグリが使われて同じ貝の裏側に関係のある絵などを入れて楽しみました。また一組の貝は他の貝殻(かいがら)とは決して合わないことから、貝とそれを収納する貝桶は夫婦円満の象徴(しょうちょう)とされて江戸時代は公家や大名家の嫁入り道具となりました。ひな壇飾りの元にあたります。当館にも昔の貝や貝桶があります。

貝4_R.jpg

とってもきれいですね

貝5_R.jpg

そしてこちらの写真が、貝をいれておいた「鉄線唐草九曜紋散貝桶(てつせんからくさくようもんさんかいおけ)」という貝桶です。

皆さんにも遊んでもらいました。遊び方は神経衰弱と似ており、このように貝を円形に並べ、真ん中に出した貝と対になる貝をさがします。
ポイントは、貝の表面をよく見ること。対となる貝は、表面の模様が同じです。

貝1_R.jpg
また裏面には、同じ絵や関連のある絵が描かれています。月とウサギで正解です!(こちらで使用しているのは、以前の体験活動でのビノスガイを用いて作成したものです。)

貝3_R.jpg

いよいよチャレンジ!うまく見つけられたかな?

IMG_6348_R.JPG

同じ貝ならぴったり合うはず。

IMG_6349_R.JPG

またそれぞれ自分だけの貝合わせを作ってもらいました。関係のある絵をかいてみましょう。細かいところまでていねいにかいていますね。

IMG_6334_R.JPG

すてきな貝合わせができましたね。ぜひお家にかざって楽しんでください。

IMG_6330_R.JPG

IMG_6346_R.JPG

小さな貝の中に広がるみやびの世界を体験してもらいました。少しでも昔の遊びに興味をもってもらえたら幸いです。


次回の博物館でやってみようは3月3日(日)ひな祭りの日開催の「十二単(じゅうにひとえ)を着てみよう」です。

こちらは予約不要です。みなさんのご参加をお待ちしております。

教育広報課 解説員 相子 北村

春の気配が感じられるようになりましたね。

博物館では2月18日(日)にキッズツアー「なぜなぜ?どうして?はくぶつかん」を
行いました。

博物館の3つの役割 ①あつめる・まもる(収集・保管)

          ②しらべる・けんきゅうする(調査・研究)

          ③みせる・つたえる(展示・教育) について

キッズのみんなにもクイズで考えてもらいました。

IMG_6654_R.JPG

そのあと、 みんなでバックヤードに出発です。

IMG_6665_R.JPG

事務室や研究室の廊下を通っていきます。

「研究室って本がたくさんあるね。」

IMG_6673_R.JPG

「収蔵庫の扉はこのくらいの厚さがあります。頑丈です!」

IMG_6674_R.JPG

みんなで展示物用のエレベーターにのります。耐荷量3000㎏ですから、

50㎏の人なら60人まで大丈夫です!

IMG_6678_R.JPG

新収蔵庫の建物と入口をご案内。

IMG_6683_R.JPG

収蔵庫の中が見られる「収蔵庫ガイド」は

6/9(日)11/3(日)に行われます。参加費無料ですが予約が必要です。

収蔵庫の中をじっくり見学できます。

キッズツアーに参加してくださった皆さま ありがとうございました。

次回のキッズツアーは3月17日「いろいろな動物の歯を見てみよう」です。

どうぞおたのしみに!!

みなさん、こんにちは!

最近は雪が降ったり暖かかったりと忙しいですね。

さて、2月11日に博物館でやってみよう「化石を楽しもう」を行いました。

その時の様子をご紹介します。


今回の博物館でやってみようは事前予約制となっていました。

みなさんには今回の体験で使用するセットが準備された席に座ってもらいました。

机の上にはプリントとレプリカづくりに使う石膏などが置いてあります。

IMG_6229_R.JPG


始めに「化石のはなし」をしました。

地球の歴史やアンモナイトについての解説をみなさんよく聞いてくれました。

IMG_6240_R.JPG

また、本物の化石を触る体験もしました。

IMG_6250_R.JPG


続いてレプリカづくりを行いました。

水と石膏を混ぜてアンモナイトの型に流し込みます。

IMG_6247_R.JPG

上手にできるかな。

IMG_6248_R.JPG

石膏が固まるには時間がかかるので、すぐには取り出さず、机の上に静かに置いておきます。


次は博物館の化石について学びました。

みなさんと通路から高原山を見ました。天気がいい日でしたのでよく見えました。

IMG_6254_R.JPG

IMG_6255_R.JPG

次に展示室1で通路から見た高原山や、木の葉の化石について学びました。

IMG_6262_R.JPG


最初の会場に戻って今度は化石割りを行いました。

とんかちとたがねを使って化石を見つけます。

安全のためみなさんにはゴーグルを使用していただきました。

IMG_6274_R.JPG

出てきた木の葉の化石はなんという葉の種類かも調べました。

IMG_6279_R.JPG


最後に固まったアンモナイトのレプリカを取り出しました。

IMG_6282_R.JPG

完成したアンモナイトの化石のレプリカと木の葉の化石を持って写真をパシャリ。

みなさん嬉しそうでよかったです。

IMG_6286_R.JPG

お帰りの際にお土産として化石をプレゼントしました。

参加してくれたみなさん、ありがとうございました。


次回の博物館でやってみようは、2月25日(日)開催の「貝合わせ体験」です。

こちらは予約不要です。みなさんのご参加をお待ちしております。

教育広報課 解説員