突然ですが、本日!3月25日に、あの企画が帰ってきます!

その名も、鳥獣☆GIGA~リターンズ~

http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/exhibition/thema/20170211chojyu/chojyu.html

giga5.jpg

こんな感じで、みなさんの塗り絵がスクリーン上を動きますよ。

午後1時30分から1時間限定の企画です!無料です!興味を持った方はぜひお越しください!

前回の様子はこちらからご覧ください。

http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/news/2017/02/itgiga.html

鳥獣☆GIGAリターンズ!【3/25】

  • 投稿日:
  • by

突然ですが、本日!3月25日に、あの企画が帰ってきます!

その名も、鳥獣☆GIGA~リターンズ~

http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/exhibition/thema/20170211chojyu/chojyu.html

giga5.jpg

こんな感じで、みなさんの塗り絵がスクリーン上を動きますよ。

午後1時30分から1時間限定の企画です!無料です!興味を持った方はぜひお越しください!

前回の様子はこちらからご覧ください。

http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/news/2017/02/itgiga.html

みなさまこんにちは!

まだまだ少し肌寒いですが春が近づいていますね。植物も動物も活動し始める季節です。

春が来る前に博物館で様々な動物に会いに来ませんか。

今回3月12日日曜日に体験学習「ペーパークラフトいきもの百科」をおこないました。

参加してくださったみなさまありがとうございます!

なにやらたくさんの動物がいますね...。まずみなさんには動物のお話を聞いて頂きました。

P1140867_R.JPG

手に持っている動物はノウサギです。夏などの暖かい時期は夏毛といって茶色の毛に覆われています。

ペットなどで飼われている種類と違い、足がしっかりしていてたくましいですね。

今回はこんなものを作っていただきます。

P1150048_R.JPG

P1150050_R.JPG

飛び出す図鑑、ペーパークラフトです。

作る前に実際の動物見てお話を聞いて頂きました。

そしてあまり工作が得意ではない方には台紙に写真を貼るだけのものも用意しました。

P1150053_R.JPG

標本が飛び出しているようですね!

美しいこの蝶はアサギマダラと言います。羽が日に反射してきれいなアサギ色に見えることが名前の由来です。

成虫になると餌を求めて旅に出ます。その移動距離は数百キロメートル以上になります。数千キロメートル飛んだアサギマダラもいます。

そしてみなさんには動物の剥製、毛皮、昆虫標本を見ていただいたあとスロープ展示を見ていただきました。

P1140878_R.JPG

実は、今回皆さんに作っていただくペーパークラフトの動物はすべてスロープ展示で会うことができます。

様々な動物の大きさ、足跡、鳴き声。ここではいろいろなことがわかります。ぜひ見に来てくださいね。

それではそろそろペーパークラフトつくりに入りましょう!

P1140883_R.JPG

P1140864_R.JPG

切る前のものはこんなかんじです。ハサミやカッターで切ったら、

山折り、谷折りを間違えないように折ると立体的な動物になります。

みなさん思い思いに図鑑を作ってくださいました!

P1140886_R.JPG

P1140897_R.JPG

P1140895_R.JPG

解説のメモなども書き込んでくださいました。

みなさんのセンスが光っております!


この体験学習「ペーパークラフトいきもの百科」は今年度最後の体験学習になります。

来年度もみなさまのご参加お待ちしております。

体験学習のご予約は、電話で受け付けています。028-634-1312までご連絡ください。

来年度の予約受付は開催月の2ヵ月前の1日からとなっておりますのでご注意ください。

みなさまのご参加をお待ちしています♪

(解説員 有路・荒川)

キッズツアー「みぢかなクスリ」を行いました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

みなさん、こんにちは。
東京で桜の開花宣言が発表され、栃木の桜も、もうじきですね。

3月19日(日曜日)に、とちぎけんぱくキッズツアー「みぢかなクスリ」を行いました。
参加して下さいました皆さま、ありがとうございました。 当日の様子を、少しご紹介いたします。

はじめに、クスリの形と、クスリが体の中で、どのように働くかを、お話ししました。

P1140994_R.JPG

ちよっと難しいけど、仕組みが分かると、決められたようにクスリを飲むことの大切さが、納得ですね。

次に、少し昔のクスリの話をしました。
今は、病院でお医者さんに診てもらってクスリを出してもらったり、薬局やドラッグストアでクスリを買うことが簡単にできますが、
昔は重い病気の時でないと、お医者さんに診てもらうことはなかったし、薬屋さんもあまりありませんでした。

では、どのようにクスリを手に入れていたかというと、各家庭を回る「売薬さん」と呼ばれる商人がいたのです。
配置薬や置き薬として、現在でも引き継がれています。

博物館の民俗資料に、昔の薬箱があるんですよ。

P1150001_R.JPG


昔の薬箱や、パッケージの絵柄が楽しいクスリに、みなさん興味津々です。

日本には、時代ごとに、外国からクスリの知識が伝えられましたが、もっともっと昔は、みぢかな植物をクスリにしてきました。
「うらやまはくすりばこ」という絵本と、もう一冊、日本の神話「いなばのしろうさぎ」を読みました。

P1150013_R.JPG

毛皮を剥かれたウサギに、オオクニヌシは、ガマの花粉を体につけて治すように教えました。
ガマの花粉が傷グスリということを、知っていたのですね。


それでは、展示室1を、クスリを巡るツアーに出発です!

団体旅行なので、ツアーバッチをつけてもらいました。

P1140951_R.JPG

3色のウサギには、実は秘密があるんです。

大型ほにゅう動物の化石は漢方薬に使われるんですよ。

P1150020_R.JPG

病気を治してくれる、この薬師如来の像は、鉄でできていて珍しいんですよ。

P1150025_R.JPG

左手には、クスリの入った容れ物を持っています。

P1150027_R.JPG


最後に、ノウサギの剥製を見ていただいて、3色のウサギの秘密公開です。

P1150030_R.JPG

ピンクは、少しかわいそうだけど、赤はだかにされたウサギ。
白と茶色は、毛皮の色です。
オオクニヌシとヤガミヒメの結婚を予言した、神のウサギだから白かもしれないし、
赤はだかのことを、素っ裸の素(シロ)と考えると、毛が生えたら茶色のノウサギです。

ペットのウサギと違って、ノウサギは、サメの背中を跳んで海を渡れそうな、たくましい足をしてますね。


今回、子どもには、馴染みのない話もしてしまったのですが、大人の方々に「知っていますか」と問うと、
手を挙げてご協力していただいたので、とても助かりましたし、嬉しかったです。

ぜひ、キッズツアーのリピーターになってくださいね。


次回のキッズツアーは、4月16日(日曜日)「生き物ふしぎ発見!」です。
身近な生き物の「ふしぎ」をさがしてみましょう♫

みなさまのご参加を、お待ちしております!



教育広報課:落合

収蔵資料活用促進展示「収蔵庫は宝の山!」が、3月18日(土)からはじまりました。

これを記念して、3月26日(日)午後1時30分から、当館講堂にて記念講演会「宝の山!博物館の収蔵庫」が開催されます。

講師は、皆さんご存じの養老孟司先生です。

養老先生には、夏の企画展「日光の昆虫」でもご講演いただき、今年度2度目となります。

今回のお話のテーマはズバリ「標本」についてです。

標本の持つ意味、収蔵資料の大切さ、おもしろさなど「標本」に関する深い話を聞けるチャンスです。

定員は200名。聴講は無料ですが、事前申し込みが必要となります。

聴講希望される方は、教育広報課までご連絡ください。(TEL:028-634-1312)

まだ、若干のお席がございますが、申し込みはお早めに。

なお、詳しい情報や、収蔵資料活用促進展示「収蔵庫は宝の山!」については、こちらのページをごらんください。

 

みなさまこんにちは!

次第に暖かい日が増えてきましたね。

3月になれば、桜も咲きはじめて春真っ盛り!

さて、3月のお祭りといえば・・・?

 

 

ひなまつりですね!

 

今回の体験学習は「をかし うつくし 雅な遊び~貝合わせをつくろう~」でした。

参加して下さった皆さま、ありがとうございます。

 

体験学習のタイトルにもなっている、「貝合わせ」。どんなものか、知っていますか?

ひなまつりと とても関係が深いものなんですよ!

ここでは、今回の体験学習の様子を少しだけご紹介します。

 

****************************

 

まず、ひなまつりのお話をしました。

 

P1140562_R.JPG

 

昔の人は、こんな服を着ていました。

お雛さまとお内裏様も、こんな服を着ていますよね。

ひなまつりに飾る「おひなさま」は、昔のお姫様の結婚を表しているんです。

 

結婚にはいろいろな道具が必要です。このような道具を「嫁入り道具」といい、「貝桶」はそのひとつです。

「貝桶」のなかには、綺麗な絵が描いてある貝がたくさん入っています。

貝は、他の貝の片方と重ねてもぴったり合いません。

そのため、夫婦が仲良しであることを表していて、縁起が良いとされています。

 

もともと「貝合わせ」とは貝そのものの美しさを競ったり、貝からイメージして和歌をつくったりする遊びでした。

現在は神経衰弱のように、ぴったり合う貝を探す遊びのことを指します。

この「貝合わせ」、実際に遊んでもらいました。

 

P1140563_R.JPG

 

シンプルな遊びですが、白熱します!

 

そして、自分だけのオリジナルの貝を作ってもらいました。

 

P1140570_R.JPG

 

油性マジックで絵を描いたり、シールを貼ってみたり・・・

  

P1140575_R.JPG

 

P1140578_R.JPG

 

素敵な貝ができあがりました!

お家でも貝合わせが楽しめますね♪

 

****************************

 

次回の体験学習は3月12日(日曜日)、「ペーパークラフトいきもの百科」です。

紙を切り貼りして動物の図鑑をつくろう!なんと、動物たちが立ち上がるよ!

こちらの体験学習は、まだ参加人数に余裕があります。

体験学習のご予約は、電話で受け付けています。028-634-1311までご連絡ください。

みなさまのご参加をお待ちしています♪

(解説員 佐藤・半田)

3月の定時解説のお知らせ!

3月の定時解説についてお知らせいたします。

  

当館では3月18日(土曜日)から、新たに

収蔵資料活用促進展示「収蔵庫は宝の山!~初公開の化石・鉱物・動植物~」

の展示を開催します。

また引き続き

 ・テーマ展「あつまれ!自然好き:ポスター発表」2月4日(土曜日)~3月5日(日曜日)

 ・テーマ展「アニマル☆パラダイス―美術のなかの動物たち―」2月25日(土曜日)~4月2日(日曜日)

 ・テーマ展「古墳時代の始まるころ-3・4世紀の人々の移動と交流-」1月7日(土曜日)~4月2日(日曜日)

 ・テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」12月6日(火曜日)~4月2日(日曜日)

の展示を開催しております。

 

3月の解説員による定時解説のスケジュールについては以下のとおりです。

定時解説は13時30分から開催しております。

1日(水曜日)        テーマ展「おじいさんおばあさんの子どものころの暮らし」

4日(土曜日)        テーマ展「古墳時代の始まるころ」

5日(日曜日)        テーマ展「おじいさんおばあさんの子どものころの暮らし」

8日(水曜日)        テーマ展「アニマル☆パラダイス―美術のなかの動物たち―」

11日(土曜日)        テーマ展「アニマル☆パラダイス―美術のなかの動物たち―」

12日(日曜日)        テーマ展「おじいさんおばあさんの子どものころの暮らし」

15日(水曜日)        テーマ展「アニマル☆パラダイス―美術のなかの動物たち―」

18日(土曜日)        テーマ展「おじいさんおばあさんの子どものころの暮らし」

19日(日曜日)        キッズ・ツアー

22日(水曜日)        テーマ展「アニマル☆パラダイス―美術のなかの動物たち―」      

25日(土曜日)        テーマ展「アニマル☆パラダイス―美術のなかの動物たち―」

26日(日曜日)        テーマ展「アニマル☆パラダイス―美術のなかの動物たち―」

29日(水曜日)       収蔵資料活用促進展示「収蔵庫は宝の山!~初公開の化石・鉱物・動植物~」

3月の休館日は、6日(月曜日)、13日(月曜日)、21日(火曜日)、27日(月曜日)です。

テーマ展は約20分、キッズ・ツアーは30分程度を予定しております。

 

※キッズ・ツアーとは...?
 通常の定時解説とは異なり、お子様向けに毎回内容をかえて解説を行います。
 お子様メインの解説ですが、大人の方もご参加いただけます。
 なお、解説場所については、当日の館内の掲示板にてお知らせいたします。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

定時解説カレンダーがダウンロードできます。下をクリックしてください↓(新しいウインドウで開きます)

3月の定時解説カレンダーダウンロード(PDFファイル).pdf

平成29年度栃木県立博物館非常勤嘱託員採用試験合格者は次のとおりです。

試験の種類 合格者
解説嘱託員採用試験 合格者.pdf
司書嘱託員採用試験 合格者.pdf
学芸嘱託員(考古)採用試験 合格者.pdf
学芸嘱託員(民俗)採用試験 合格者.pdf
学芸嘱託員(地学)採用試験 合格者.pdf
学芸嘱託員(動物)採用試験 合格者.pdf
学芸嘱託員(植物)採用試験 合格者.pdf

平成29年2月23日

栃木県立博物館

みなさんこんにちは!

今朝 福寿草が顔を出していました。暖かい春の訪れまで、あと僅かですね...♪

 

さて、2月19日の日曜日に、キッズ・ツアーを行いました。キッズ・ツアーは、通常の定時解説とは一味違う、お子様向けの解説です。

みなさんは、鳥獣戯画をご存知ですか?平安時代から鎌倉時代にかけて描かれた、京都の高山寺に伝わる絵巻物です。その中には、まるで人間のように生き生きと遊ぶ動物達の姿が描かれています。その動物たちのしぐさや持ち物から、当時の日本人の生活や文化を学ぶことができるんですよ。

 P1140637_R.JPG

今回のキッズツアーでは、お子様に鳥獣戯画の中に出てくる動物を見つけて貰い、そこに隠されている日本ならではの文化についての解説を行いました。参加してくれた子ども達は「うさぎがいた!」「かえるをみつけたよ!」などと、元気に発言をしてくれました。また、相撲や田楽踊りなどの伝統文化をはじめ、当時の日本人が使用していた道具や衣装など多岐にわたっての解説にも、耳を傾けてくれていました。

 P1140632_R.JPGP1140639_R.JPG

平安時代というと、どんな生活をしていたのか想像すらつかないかもしれません。しかし、そんな大昔から代々受け継がれているモノやコトは、意外と身近なところにあるのです。博物館でもその答えがたくさん見つけられますよ!みなさんもぜひ、探してみてくださいね。


"キッズ・ツアー"は、毎月第3日曜日の午後1時半から実施しています。

次回は、3月19日「みぢかなクスリ」を行います。お薬についていろんなお話が聞けるかも...(^o^)

また、第3日曜日は県博デー(博物館の日)として、キッズ・ツアーの他にもたくさんのイベントを開催しています。みなさまのご来館をお待ちしております。

教育広報課 長島

みなさんは鳥獣戯画をご存じですか?

そう!カエルやウサギが楽しそうに遊んでいるあの絵です!

鳥獣戯画は、日本最古のマンガとよばれることがあるそうです。

確かに、あのユル~い感じはマンガに通じるものがありますね。

日本のアニメやマンガなどのサブカルチャーは、今や世界的に有名になっていますが、日本人には昔からマンガ大好きな文化があったのかもしれませんね。

そんなかつてのサブカルと、現代のサブカルを融合させたらどうなるか?!

・・・という軽~い気持ちで実施することになったイベント

その名も「鳥獣☆GIGA」!

どんなイベントだったのかをご紹介します。

まずは、「動く!鳥獣ぬりえ」のご紹介!

ぬり絵というからには、色をぬります。「カエル」、「ウサギ」、「スッポン」から1つ選んで、自由に色をぬってもらいます。

giga7.jpg

とってもカラフルなカエルさんですね!

giga8.jpg

ぬりえをスキャナで読み込んで、画面に転送します!

giga6.jpg

すると!なんと言うことでしょう!

ぬりえのキャラクターが、画面内をお散歩しているではありませんか!

giga5.jpg

これには、みーたんも興味津々。

giga2.jpg

参加したお友達も、不思議そうに見ていました。

giga1.jpg

もう1つの企画「AR:リアル鳥獣戯画体験」もご紹介します!

こちらは、鳥獣戯画のキャラクターたちを現実に召喚し、いっしょに画面にうつることができるという体験です。

???どゆこと??

こういうことです!

まず、特殊なマーカーと共にカメラに写ります。

giga3.jpg

アプリを通して合成すると・・・

giga4.jpg

ほら!現実にはいないカエルやウサギが写っていますよね!(ウサギが微妙ですが・・・。)

思ったよりも多くのお客さまに興味をもっていただき、スキャンが間に合わなかった方はすみませんでした。

こんなに多くのお客さまに、鳥獣戯画を現代風に楽しんでいただけたことに、スタッフ一同、感謝申し上げます。

・・・と、前置きはここまで!

実は、この企画、25日から開催されるテーマ展「アニマル☆パラダイス」の宣伝だったのです!

「アニマル☆パラダイス」では、美術の中に登場する動物にテーマをあてた展示です。

今回、ぬりえで楽しんだ動物たちは、ここで展示される鳥獣戯画(田崎草雲がかいたもの)から抜き出しました!

小さなお子様まで楽しめる展示ですので、ぜひ来週も博物館にお越しいただければと思います。