みなさんこんにちは!

今年は早めにさくらが咲き始めましたね。散歩するにはちょうどいい季節になりました。

公園でお散歩したあとはぜひ博物館にもお立ち寄りください。

さて、新年度1回目4月15日の県博デーにてキッズツアーを行いました。

タイトルは「むかしむかしのくらしばなし」です。

むかしむかしの大昔、ひとびとはどんなくらしをしていたのでしょうか。

P1180412_R.JPG

今回のキッズツアーは今年度から始まりました、ロビー展示をもとに行いました。

むかしむかしの「縄文時代」、おおむかしはわたしたちが使っているような便利な道具はほとんどありません。

身の回りにあった自然の物をくふうしてつかっていました。なにを、どうやってつかっていたのかな?

そこでそんなおおむかしの暮らしについて、

縄文人の馬籠さん(当博物館考古担当の学芸員です)をお呼びし、

お話しをききながら道具をみていきました。

P1180413_R.JPG

P1180419_R.JPG

むかしはその辺にあった石を生活の道具に使っていました。

石同士でぶつけてかたちを整えて、なににつかうかにあわせて使っていました。

たとえば木を切ったり、獲物を捕る時に使うための石斧は大きめの石をくだき、先をするどくして切れるようにしていたようです。

持ってみると重いですね。

P1180420_R.JPG

あと木の実を細かくするために大きな石皿と小さなすり石を組み合わせて使ったりと、石は今でいう刃物や調理器具のような役割もあったんですね。

そして獲物をさばいたあとは縄文人は私たちのように料理をしていたようです。

そのことがわかるのは「縄文土器」です。

今回特別にロビー展示の土器もさわって見ていただき、みなさんに『縄文』を探してもらいました。

P1180431_R.JPG

実際の縄文土器のかけらをよーーくみてみよう!

P1180434_R.JPG

縄の文様があることがわかりました。

土器をおしゃれにするためとも考えられていますが、縄を押し当てることでねんどを押し固め、土器を丈夫にしていたとも考えられています。

こういった道具にもその時代の人たちの工夫がみられますね。

P1180452_R.JPG

まが玉をみてもらいました。縄文人も私たちみたいにおしゃれをしたかったのかもしれません。

ただこのようなまが玉をひとつぶ作るのに2.3か月かかったと考えられています。

とても大変ですね!

P1180453_R.JPG

最後に土偶のみーたんを紹介しました。

みーたんは縄文時代につくられたミミヅク土偶がモデルなんです。

土偶はお祭りのときに使ったと考えられています。

もしかすると昔も今のように、にんぎょうをつくってかわいがっていたのかもしれませんね。


むかしむかしのくらしのおはなしはいかがでしたでしょうか。

大昔の人も、料理したりおしゃれをしていて、私たちと似ていますね。

道具を見てみるとそのときの暮らしがみえてきます。

そしてそれぞれの道具は当時の人々の試行錯誤と精一杯の工夫がつまっています。

キッズツアーでは紹介しきれなかった道具がまだまだありますので、ぜひ博物館に見に来てください。

 

次回のキッズツアーは5月20日『とちぎの着物』です。

着物にも、産地があるって知っているかな?栃木県の生まれの着物をとおして、ちょっと昔のおしゃれをみてみよう!!

また、この日は県博デー(博物館の日)として、キッズ・ツアーの他にも
たくさんのイベントを開催しています。みなさまのご来館をお待ちしております。

 

(教育広報課 解説員 荒川)

4月のミュージアムツアーのご案内

4月のミュージアムツアーについてお知らせいたします。

定時解説はミュージアムツアーに名前が変わりました)   

当館ではただいま以下の展示を開催中です。

・テーマ展「栃木の山の暮らし」 ~4月8日(日曜日)

・テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」 ~4月8日(日曜日)

・テーマ展「藤原秀郷と那須与一伝説の武将の実像に迫る」 ~4月8日(日曜日)

・テーマ展「ミミズ」~6月17日(日曜日)

(これから開催予定の展示として)

・企画展「とちぎの技・匠」 4月28日(土曜日)~6月17日(日曜日)

       

◆4月のミュージアムツアーのスケジュールについては以下のとおりです。

 ミュージアムツアーは1330分から開催しております。

 土曜日、日曜日(第3日曜日を除く)、祝日のみの開催です。

 1日(日曜日)          テーマ展「藤原秀郷と那須与一‐伝説の武将の実像に迫る‐」

 7日(土曜日)          テーマ展「「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」」

 8日(日曜日)          テーマ展「栃木の山の暮らし

 14日(土曜日)         テーマ展「ミミズ」

 15日(日曜日)         キッズ・ツアー「むかしむかしの暮らしばなし

 21日(土曜日)         テーマ展「スロープ」

 22日(土曜日)          テーマ展「スロープ」

 28日(土曜日)         企画展「とちぎの技・匠」                     

 29日(日曜日)         テーマ展「ミミズ」

 30日(月曜日)         企画展「とちぎの技・匠    

  

テーマ展は約20分、企画展は約40分、キッズ・ツアーは約30分程度を予定しております。

   

キッズ・ツアーとは...

通常の定時解説とは異なり、お子様向けに毎回内容をかえて解説を行います。

解説場所については、当日の館内の掲示板にてお知らせいたします。

      

また、4月の休館日は、

2日(月曜日)、9日(月曜日)、16日(月曜日)、23日(月曜日)

となっております。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

皆さまこんにちは!

今年の冬は寒い日が続きましたが、ようやく暖かくなってきましたね。

さて、3月18日の県博デーで、

キッズツアー「家紋-KAMON-カモン!」を行いました。

  

今回は、家紋についてのお話しです。

家紋は、現在25.000種類以上もあると言われていますが、それぞれ意味や由来があるそうです。

キッズツアーでは、博物館の色々な場所をめぐって、家紋に関係するものを探しに行きました!

まずは展示室2の動物コーナーです。

P1180065_R.JPG

家紋の文様には、鹿の角や、鳥の羽、動物の体など、動物からつくられたものがたくさんあります。

実際に家紋を見ながら、何の動物からできた家紋か当ててもらいました。

皆さま、たくさん見つけてくれました!

P1180071_R.JPG

 

続いては、展示室2のテーマ展「藤原秀郷と那須与一」コーナーです。

戦いの場において、家紋はどのようにして広まっていったのかをお話ししました。

また、家紋の中には身近な道具からつくられた文様もあります。

P1180078_R.JPG

 

 

最後は、展示室1の歴史コーナーです。

実際に、家紋の入った展示品を探しに行きました!

まずは、こちらです。

P1180083_R.JPG

こちらのきらびやかな箱は「挟箱」といって、衣服などを入れた箱に棒を添えて、従者に担がせたものです。

箱のどこに家紋があるか、見つけてもらいました!

箱には「三つ葉紋」があることから、徳川一門の所用と思われます。

「フタバアオイ」という植物からつくられた文様です。

 

続いてこちらは、「半裃」です。

P1180088_R.JPG

武士が平常時に城中に出仕する際に着用したもので、「六星紋」が入っています。

この時代の頃には、家紋は次第に対称的なものになり、紋を丸で囲む風習もでてきたようです。

 

最後はこちら、「盃」です。

P1180090_R.JPG

二つの家紋がありますが、どちらも喜連川家の家紋です。

左側は「二引き両」、右側は「五七桐」といって桐からつくられた家紋です。

P1180089_R.JPG

こちらでは主に桐についてのお話しをしました。

桐の文様は、実は古くから今に渡って使われ続けています。

例えば、500円硬貨です。表側に桐が刻まれています。

 

 

現在では、家紋を目にする機会は少なくなっていると思いますが、

今回のキッズツアーをきっかけに、少しでも家紋に興味を持っていただけたら嬉しいです。

自分の家紋を調べてみると、代々受け継がれてきた家紋に込められた思いや意味を知ることができるのではないかと思います。

とっても元気に参加してくださったみなさま、ありがとうございました!


次回のキッズツアーは、

4月15日(日曜日)、「むかしむかしの暮らしばなし」です。

むかしむかしの大むかし。

人々は、どんなくらしをおくってきたのかな?

博物館で大昔のくらしを、のぞいてみよう!

 

皆さまのご来館をお待ちしております^^♪

                                                          (解説員 齋川)

こんにちは!

3033日(土曜日)に「博物館でやってみよう」を行いました。

今回の内容は、「しあわせ 貝合わせ」です。

   トリミングP1170958_R.jpg

               

貝合わせというのは、平安時代以降から伝わる高貴な特に女性の遊びです。

遊び方には様々ありますが、今回は、

 ①伏せた貝の外側を見て、合う貝を探すゲーム と、

 ②実際に貝の内側に絵を描いてもらう体験を行いました。

   

そして当日はひなまつり。

ひな壇にも貝合わせの貝を入れた貝桶の飾りがあるものもあります。見たことはありますか?

貝合わせで使う蛤のような二枚貝の「貝」とその入れ物「貝桶」は女性の嫁入り道具の一つでもあったんだそうです。

なぜかというと、、、

蛤は元々の組み合わせ以外の貝殻とはぴったりかみ合いません。

このことから、蛤は夫婦円満の象徴とされ、貝桶は公家や大名家の婚礼の調度品の一つとなりました。

トリミングP1170946_R.jpg

こちらは江戸時代に実際に使われていた当館収蔵品の貝。

左右それぞれがペアで似た絵柄がついています。

  

P1170952_R.JPG

そしてこちらの写真が「鉄線唐草九曜紋散貝桶(てつせんからくさくようもんさんかいおけ)」という貝桶です。

  

まず最初に、十二単を眺めながら、ひなまつりや貝合わせのお話しを聞いていただきました。

P1170938_R.JPG

         

そして実際に貝合わせゲームと絵付け体験。

P1170954_R.JPG

ゲーム中。

どの組も白熱しておりました。何回も何回も繰り返し対決していました。 

    

  P1170964_R.JPG

絵付け体験中。

皆さん熱心に独自の個性溢れる貝がたくさん出来ていました。

楽しくできたようでなによりです。

       

今回は3歳位~中学生、と多くの方にご参加いただき盛況で行うことができました。

ご参加いただいた皆様、ご家族の皆様、本当にありがとうございました。

       

                                     担当解説員 有路・半田

みなさんこんにちは!

日がのびてきて夕方でも明るくなりましたね。

気温もあたたかくなって春の足音が感じられる時期になりました。

しかしまだまだ風は強いので皆さまお身体を冷やさないようお気を付けください。

さて、2月24日土曜日博物館でやってみよう!「紙すき体験-オリジナルハガキをつくろう-」を行いました。

ご予約、ご参加いただいた皆さま本当にありがとうございます。

体験の様子をのぞいてみましょう。


まずはじめは紙についてのお話しです。

字を書いたり、絵を描いたり、本を読んだり。わたしたちは暮らしの中のさまざまなところで紙に触れます。

昔は文字を残すためにどんなものをつかったのかな?

P1170908_R.JPG

昔は紙のかわりのものを使っていたようです。

外国ではパピルスという植物の葉をつかってつくられた紙に似たものや粘土板をつかって人々は文字を残していました。

日本も昔から紙があったわけではなく、木の板をつかった木簡(もっかん)というものを使っていました。

木簡は紙が登場した後も日本でつかわれており、物を送る際に使う荷札として使われていたようです。

さて、私たちがよく使う紙、洋紙はとある生き物の巣をヒントにつくられるようになりました。

P1170917_R.JPG

なんと蜂の巣です。

ハチは木を口の中で細かくして巣の材料に使います。その方法をまねて作ったのが原料の木材パルプです。

今回の紙すき体験はパルプを水でふやかしたものをつかってオリジナルハガキをつくります。

P1170921_R.JPG

みなさん上手にできたかな?

P1170926_R.JPG

切り絵をはりつけてかっこよくできました。

色をつけたハガキも華やかで素敵ですね。

P1170928_R.JPG

かざりをつけたらジャッキで強い力ではさんだあと、博物館の人にアイロンで乾かしてもらえば完成です!
(完全に乾くには3日ほどかかります)

みなさんのハガキ素敵ですね!

P1170931_R.JPG

P1170933_R.JPG


 

博物館でやってみよう! 次回は3月3日(土曜日)に行います。

「しあわせ貝合わせ」です。

参加には、予約が確実です。

028(634)1312まで、よろしくお願いします。

みなさんの、ご参加を、お待ちしています!

 

(教育広報課  荒川 齋川)

栃木県立博物館では、毎年、ボランティアを募集しています。
博物館ボランティアの活動内容は、調査の協力からイベントのお手伝いまで様々です。

興味があれば、専門的な知識がなくても大丈夫です。

たとえば、毎月第3日曜日に開催の県博デーでは、毎回たくさんのボランティアの皆さんに協力していただいています。

また、ボランティアの皆さんを中心としたイベント等の計画・運営なども考えていきたいと思います。そのための「活動のアイデア」なども募集しています。

volunteer_R.jpg
(写真は博物館でやってみよう「落ち葉ステンドグラスを作ろう」の補助をしている様子)

やってみようかな?と思った方は、↓をクリック!

H30博物館ボランティア募集要項(PDF形式)

H30登録申込書(PDF形式)    H30登録申込書(Word形式)


申込書に必要事項を記入し、博物館までご提出ください。よろしくお願いいたします。

【しめきり:3月20日(火曜日)】


栃木県立博物館

3月のミュージアムツアーのご案内

3月のミュージアムツアーについてお知らせいたします。

今年度から定時解説はミュージアムツアーに名前が変わりました)

    

当館ではただいま以下の展示を開催中です。

・テーマ展「あつまれ!自然好き」 ~3月4日(日曜日)

・テーマ展「栃木の山の暮らし」 ~4月8日(日曜日)

・テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」 ~4月8日(日曜日)

・テーマ展「藤原秀郷と那須与一伝説の武将の実像に迫る」 ~4月8日(日曜日)

・季節替わり展示 「みやびな衣装ひなまつり」 ~3月中旬頃

(これから開催予定の展示として)

・テーマ展「ミミズ」 3月17日(土曜日)~6月17日(日曜日)

       

8月のミュージアムツアーのスケジュールについては以下のとおりです。

 ミュージアムツアーは1330分から開催しております。

 今年度より土曜日、日曜日(第3日曜日を除く)、祝日のみの開催です。


 3日(土曜日)          テーマ展「栃木の山の暮らし」

 4日(日曜日)          テーマ展「藤原秀郷と那須与一伝説の武将の実像に迫る

※4日は14時から担当学芸員によるテーマ展「栃木の山の暮らし」の展示解説があります。)

 10日(土曜日)         テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

 11日(日曜日)         テーマ展「藤原秀郷と那須与一伝説の武将の実像に迫る

 17日(土曜日)         テーマ展「栃木の山の暮らし」

 18日(日曜日)         キッズ・ツアー「家紋‐KAMON‐カモン!」

 21日(祝日 水曜日)     テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

 24日(土曜日)          テーマ展「ミミズ」

 25日(日曜日)         テーマ展「藤原秀郷と那須与一伝説の武将の実像に迫る」                     

 31日(土曜日)        テーマ展「ミミズ」

  

テーマ展は約20分、企画展は約40分、キッズ・ツアーは約30分程度を予定しております。

   

キッズ・ツアーとは...

通常の定時解説とは異なり、お子様向けに毎回内容をかえて解説を行います。

解説場所については、当日の館内の掲示板にてお知らせいたします。

      

また、3月の休館日は、

5日(月曜日)、12日(月曜日)、19日(月曜日)、22日(木曜日)、26日(月曜日)

となっております。

皆様のお越しをこころよりお待ちしております。

キッズツアー「おもちゃのしんか☆」を行いました

みなさんこんにちは!

まだまだ寒く、春が待ち遠しいですね♪

さて、2月18日の県博デーで、

キッズツアー「おもちゃのしんか☆」を行いました。

キッズツアーはいつものミュージアムツアーとは一味違う、お子様向けの解説です。

参加してくださったみなさま、ありがとうございました!

それでは、ツアーの様子を少しご紹介いたします。

 

今回は、開催中のテーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」の

体験してみよう!コーナーで行いました。

「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」の体験コーナーには、

昔の道具のほかに、たくさんのおもちゃが展示してあり、

なかには実際に遊んでみることができるものもあります。

P1170874_R.JPG

まずは、みなさんに体験コーナーの中をそれぞれみてもらい、

どんなおもちゃがあるかを確認してもらいます。

P1170873_R.JPG

その後、みなさんにはクイズにチャレンジしてもらいました。

おもちゃの進化前の画像をみてもらい、それがどのおもちゃに進化したか、

当ててもらうというものです。

ちいさい参加者のみなさんにはちょっと難しかったかもしれませんが、

みなさん元気よく参加してくれました♪

P1170879_R.JPG

正解発表の後には、それぞれのおもちゃの進化後の姿もみてもらいました。

ベーゴマやヨーヨーなどの昔ながらのおもちゃが、

平成になってから新しいおもちゃとして発売されているのをご存知でしたか?

P1170887_R.JPG

全部で6問のクイズに答えてもらい、

今回のキッズツアーは終了です。

つたない進行になってしまいましたが、

博物館では、こんな風に楽しく学ぶこともできると知っていただけたら幸いです♪

改めまして、参加者のみなさまありがとうございました&

またのご参加をお待ちしております!

 


次回のキッズツアーは、

3月18日(日曜日)、「家紋-KAMON-カモン!」です。

家紋の紋様は、動物や植物、道具など、ふだん目にする身近なもの作られています。

博物館のキッズツアーで一緒に探してみましょう!

このほかにも、毎月第3日曜日の県博デーでは

たくさんのイベントが開催されています。

お誘いあわせのうえ、ぜひご来館ください♪

(解説員 青野)

平成30年度栃木県立博物館非常勤嘱託員採用試験合格者は次のとおりです。

試験の種類 合格者
解説嘱託員採用試験 合格者.pdf
学芸嘱託員(美工)採用試験 合格者.pdf

平成30年2月16日

栃木県立博物館

国際化が進む中、当館でも様々な国からお越しのお客様をお見かけすることが多くなりました。せっかくの展示物をよく知っていただくためには、多くの言語に対応しなければ・・・という課題に直面しているのは、当館だけではないはず!

ということで、この度、博物館の展示解説の多言語化について、情報交換をするワークショップを開催することになりました。

ワークショップ「博物館の展示解説の多言語化~どうやってる?これからどうしよう?~」

主催:自然史レガシー継承・発信事業実行委員会

日時:平成30年2月21日(水) 13時15分~16時30分

会場:栃木県立博物館 講堂 (地図

定員:200名(要申し込み)

日程:(1)事例報告(13:20~15:20)

北海道博物館 茨城県自然博物館
栃木県立博物館 国立科学博物館
神奈川県立生命の星・地球博物館 大阪市自然史博物館
兵庫県人と自然の博物館 北九州市立自然史・歴史博物館

   (2)総合討論(15:30~16:30)

申し込み先:学芸部長補佐兼自然課長 林光武  hayashit02@pref.tochigi.lg.jp
        自然課主任研究員 栗原隆  kuriharat03@pref.tochigi.lg.jp
        TEL:028-634-1311 (代表)

このワークショップでは、すでに外国語による解説を導入した全国各地8施設に、その内容や長所、課題などについて語ってもらいます!

「導入してみて、実際のところどうなのよ?」

「導入までにいくらかかった?維持費は?」

など、多言語化に悩んでいるみなさんが知りたいことがきっと聞けるはず!

"導入してみた!"みなさんと、"これから導入したい!"みなさんで、情報を共有し、新しいアイディアやヒントを生み出せるような場を目指しております。

ちなみに、参加費は無料!博物館・美術館の職員以外の方でも、外国語による情報発信に興味をお持ちの方はどなたでもご参加いただけます

くわしくは、特設ページをごらんください。(特設ページはこちらをクリック