皆さま、あけましておめでとうございます!!
2019年がはじまりましたね!

年をまたいでしまいましたが、昨年12月23日(日曜日)に開催された、
博物館でやってみよう!「木の実クラフトをつくろう」のご報告です!

まつぼっくりやどんぐりなどいろいろな木の実を使って、
参加者の皆さまに、作品をつくっていただきました。

でも、木の実ってどういうものなんでしょう?
・・・ということで、まずは木の実についてや、今回のクラフトでも使う、
まつぼっくりどんぐりについて、皆さまにご紹介しました。
IMG_0109_R.JPG
木の実の中に入っている種を、中の種が大きくなるまで、大事につつんで守ってくれるものが、木の実です。

次は絵本で、まつぼっくりをご紹介。
IMG_0112_R.JPG
さらに、実際にまつぼっくりを観察していただきました。
さかさにしても落ちない、びんに入ったまつぼっくりも!
IMG_0117_R.JPG

そしてなんと!スペシャルゲストのふたりが、どんぐりの自己紹介!
IMG_0118_R.JPG

そのあとは、それらの木の実を使って工作スタートです!!
IMG_0158_R.JPG

IMG_0145_R.JPG

IMG_0146_R.JPG

さて、どんな作品ができたでしょうか・・・!

IMG_0191_R.JPG

IMG_0194_R.JPG

皆さん、工夫いっぱい!!とても素敵な作品が仕上がりました!!
参加者の皆さま、ありがとうございました!!



次回の博物館でやってみよう!は、1月13日「体験!ちょっと昔の暮らし」です。
石臼で大豆を粉にしたり(何ができるかな?)、天秤棒で水桶を運んだり、ちょっと昔の、いろんなことをやってみましょう!
対象は小学生以上(小学生未満は要相談)です。

まだ定員に余裕がありますので、参加ご希望の方は、
電話番号028-634-1312まで、ご予約をお願いいたします。

また、1月14日には「古墳時代の衣装を着てみよう」(予約不要)もございます!

皆さまのご参加お待ちしております♪♪

(教育広報課 細谷 渡邉)

出前授業がありました(下野市立薬師寺小学校)

みなさん、こんにちは。

いつも栃木県立博物館をご利用いただきましてありがとうございます。

今回は、下野市立薬師寺小学校3年生の皆さんと「むかしのくらしと道具」について出前授業を行いました。

1_R.jpg

まず初めに、蓄音機の紹介です。現代では、音楽を楽しむためにはCDラジカセや携帯電話等で気軽に楽しむことができます。しかし、これらの機械を動かすには、「電気」が必要です。蓄音機は「ぜんまい」の力で動くので、電気は必要ありません。そんなお話を紹介した後に、実際に蓄音機を動かし、レコードを聞く体験をしました。約80年前の蓄音機ですが、今でもちゃんと音楽を聞くことができます。

2_R.jpg

石臼できな粉を作る体験です。石臼を回すのは、かなり大変です。石が重く、うまく回せません。全員が体験した後に、なぜ豆から粉になるのか、石臼の仕組みについて解説を聞きました。

3_R.jpg

天秤棒で水桶を担ぐ体験もしました。水桶の中には本当に水が入っています。約15kgの水を運びますが、バランスをとるのが難しいようでなかなかうまく運べません。

4_R.jpg

ほかにも、いろいろな昔の道具について解説を聞きました。みなさん真剣にメモを取りながら聞いていました。現代の道具と比べて、昔の道具はずいぶん違っていることが分かったようです。

どのコーナーでも、皆さん楽しく授業に参加してくれました。ありがとうございました。


当館では、随時学校からの出前授業を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。当ホームページにも紹介されていますので、ぜひご覧ください。(トップページ「先生方へ」のバナーから)

電話:028-634-1312(教育広報課)

教育広報課 沼尾

【2019/1/19 追記】

あけましておめでとうございます。

本年も、栃木県立博物館をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年の干支(えと)はイノシシ。

そこで、イノシシが主役のトピック展示「イノシシをさがせ!」を開催!

_MG_6010.JPG

博物館エントランスでは、小さくてかわいい子イノシシや

牙(きば)の生えた凛々しい大人のイノシシが、みなさまをお出迎えしております。

頭からしっぽ、足の先までじっくり観察することができるので、

えーこんな風になってるの?!と驚かれるところもあるかもしれません。

_MG_6018.JPG

また、展示室1や展示室2の常設展示にもイノシシがかくれています。

どんなところに、どんなイノシシが展示されているのでしょうか?

ぜひ探してみてください!

運よくみつけることができると・・

DSCN9550-2.jpg

かわいいイノシシくんに出会えますよ!

このイノシシくんは、何頭いるでしょうか?ぜひ会いにきてください。

トピック展示「イノシシをさがせ!」は、1月19日(土)までの予定です。御好評につき、2月11日(月・祝)まで延長となりました!

イノシシたちもみなさまのご来館をお待ちしております。

(自然課 薄井)

栃木県立博物館では、平成31(2019)年度採用の非常勤嘱託員を次のとおり募集します。

●解説嘱託員
1 募集人員 3名
2 応募資格 短期大学卒業以上 等   
3 試   験 一次試験  平成31(2019)年2月6日(水曜日) 一般教養 小論文
        二次試験  平成31(2019)年2月14日(木曜日) 面接
   ※ただし、応募者が一定数に満たない場合、一次試験日に面接を実施します。
4 願書受付 平成31(2019)年1月16日(水曜日)~平成31(2019)年1月25日(金曜日)(必着)

詳しくは募集案内を御覧ください。(PDFファイル)
募集案内.pdf

願書.pdf

履歴書.pdf

お問い合わせは、栃木県立博物館総務課までお願いいたします。(028-634-1311)

栃木県立博物館

みなさん、こんにちは!

いよいよ冬本番の寒さになってきましたね。厳しい寒さが続きますがみなさん体を暖かくして体調にはお気を付けください。

さて12月16日日曜日にキッズツアー「はっけん!むかしばなし」を行いました。


みなさんは衣食住(いしょくじゅう)という言葉を聞いたことはありませんか?

衣食住は食べること、着ること、暮らすこと、つまり生活の基本をあらわした言葉です。

私たちが生活のなかで使っている道具はその三つに関係したものが多くあります。

食べるときは炊飯器でご飯を炊き、服が汚れたら洗濯機で洗い、寒くなったら暖房をつけます。便利が道具がたくさんありますね。

それでは、いまより昔の電気もガスも水道もなかった時代はどんな道具を使ってどんな暮らしをしていたのかな。

キッズツアーでいくつか見ていただきました。

 

まず、それぞれの道具は衣・食・住のどれにあたるのかみなさんに当てていただきました。

IMG_0023_R.JPG

電気もガスも水道もなかった時代、そこで使われていた道具は人々の工夫のつまった道具です。

例えば釜。かまどの火やお米の水加減を気にしなくてはいけない手間や注意が必要ですが、炊飯器に必要な電気が無くともご飯を炊くことができます。

IMG_0034_R.JPG

おひつという道具を使えば、釜で炊いたご飯を冷めにくく適度に水分を吸ってくれるのでおいしい状態を保ってくれます。

湯気で水っぽくなってしまったり冷めてしまったりしてしまうのを防いでくれます。

電気がなくとも昔の道具のおかげでおいしいご飯をつくれました。

お話しを聞いてくださったあとは昔の道具の体験をいくつかやっていただきました。

まずはこちらの道具です。

IMG_0044_R.JPG

こちらは石臼という道具です。様々なものを粉状にすることが出来ます。

例えば小麦は小麦粉に、そばの実はそば粉に、炒った大豆をきな粉にすることができます。

今回はみなさんにきな粉をつくってもらいました。

石臼を回すときな粉の良い匂いがしてきます。しかしなかなかきな粉は出てきません。中でどうなっているのでしょうか。

IMG_0051_R.JPG

重い上臼をどけるとこのようになっていました。

穴に大豆を入れると石臼のなかで真ん中からすこしずつつぶされ外側に向かって細かくなっていきます。

しっかりつぶされたきな粉が外に出てくるようです。

手間がかかりますが石臼で手回ししてできた粉は機械でつぶしたものよりも香り豊かなものができます。

そのため今でも使うお蕎麦屋さんもあるようですね。

最後に天秤棒で水運び体験と、外で洗濯板の体験をしていただきました。

IMG_0060_R.JPG

IMG_0073_R.JPG

色々な昔の道具をみなさんに見ていただきました。

体験してみると大変だったり不便に思うかもしれません。

ですがそれは私たちが今の便利な生活を知っているからですよね。

昔の道具も当時の人たちの工夫のつまった便利な道具です。昔の人たちの生活に大変役立っていました。

この道具があったから今私たちがつかっている道具につながるんですね。

12月22日土曜日からテーマ展『おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし』が始まりました。

ぜひ、昔の道具の様々な工夫を見つけに来てください。


来月1月のとちぎけんぱくキッズツアーは『下野かるたで遊ぼう!』です。

"キッズ・ツアー"は、毎月第3日曜日の13時30分から実施しています。
また、第3日曜日は県博デー(博物館の日)として、キッズ・ツアーの他にも
たくさんのイベントを開催しています。ぜひお立ち寄りください。

来年もよろしくお願いします。

(教育広報課 荒川)

1月のミュージアムツアーご案内

当館では1月に以下の展示を開催いたします。

 
★テーマ展「ジョージ・ルイスと武田久吉-明治日光の昆虫・植物研究の先人-」 10月20日(土曜日)~1月20日(日曜日)

★テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」12月22日(土曜日)~4月7日(日曜日) 

★テーマ展「栃木の民間信仰-モノに表れた人々の祈りと願い-」1月12日(土曜)~2月11月(月曜日)      

★テーマ展「初物づくし-新収蔵品初公開!-」1月12日(土曜)~2月11月(月曜日)   

 

1月のミュージアムツアーのスケジュールについては以下のとおりです。

 ミュージアムツアーは13時30分から開催しております。
 ※土曜日、日曜日(第3日曜日を除く)、祝日のみの開催です。

 5日(土曜日)    テーマ展「ジョージ・ルイスと武田久吉-明治日光の昆虫・植物研究の先人-」

 6日(日曜日)    テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

 12日(土曜日)    テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

 13日(日曜日)    テーマ展「ジョージ・ルイスと武田久吉-明治日光の昆虫・植物研究の先人‐」

 14日(月曜日)    ロビー展示「昔の道具」

 19日(土曜日)    テーマ展「ジョージ・ルイスと武田久吉-明治日光の昆虫・植物研究の先人-」

 20日(日曜日)    キッズツアー「下野かるたで遊ぼう」

 26日(土曜日)    テーマ展「栃木の民間信仰-モノに表れた人々の祈りと願い-」

 27日(日曜日)    テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

 

※テーマ展は約20分、企画展は約40分、ロビー展示は約15分、キッズ・ツアーは約30分程度を予定しております。

 

☆キッズ・ツアーとは...?☆
通常のミュージアムツアーとは異なり、お子様向けに毎回内容をかえて解説を行います。
解説場所については、当日の館内の掲示板にてお知らせいたします。

 

また、1月の休館日は、

 

1日(火曜日)~4日(金曜日)、7日(月曜日)、15日(火曜日)、21日(月曜日)、28日(月曜日)です。

  

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ただいま当館では、自然系テーマ展「ジョージ・ルイスと武田久吉─明治日光の昆虫・植物研究の先人─」(2018年10月20日(土曜日)~2019年1月20日(日曜日))を開催しています(詳細:http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/exhibition/thema/2018lewisandhisayoshi/lewisandhisayoshi.html)。このテーマ展の関連行事として、12月16日に学芸員とっておき講座「古い押し葉標本から新発見!」が行われました。講師は星直斗学芸員(植物担当)が務めました。(もう一つの関連行事、「明治期日光のルイスの昆虫採集記」の様子については以下をご参照ください:http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/news/2018/10/post-482.html)

栃木県博には維管束植物標本がおよそ20万点収蔵されています。実はこの中には、今から100年以上遡る明治中頃から昭和中頃にかけて作成された、大変古い標本が1万点も含まれているのをご存知でしょうか?今回の講座は、貴重な古い標本から、栃木県内における植物の研究の歴史を紐解く、タイムトラベルのような気分を味わえる内容でした。

1.jpg

下の写真は明治34年に女峰山で採集されたユキワリソウの標本です。ラベルには採集地、採集日や採集者が書かれており、ここからは無機質な情報しか得られません。しかし、調査の結果「明治の山旅」という本に、正にこの標本が採集された日付の採集風景が記されていることがわかりました。標本に情報が残っていたからこそ、この標本がどのような状況で採集されたのか、そして当時の研究者たちはどのような視点で植物を見つめていたのか推測することが可能になったのです。

2.jpg

また、今は戦場ヶ原では見られないウサギギク、ムカゴソウ、テガタチドリの古い標本は、かつては戦場ヶ原にこれらが自生するような環境があったことを物語っているというお話もありました。

3.jpg

古い押し葉標本に秘められた、栃木県の自然環境の変遷、そして武田久吉をはじめとする研究者の足取りを辿る興味深い講演でした。

(自然課 山本)

みなさん こんにちは。

12月15日(土)県博にて、講座「歯科材料でつくるアンモナイト化石のレプリカ」を行いました。

PC150186.JPG

そもそも、「化石のレプリカ」には、大切な役目があるのを知っていますか?

レプリカというのは、本物の化石のコピーを精巧に作ることです。

レプリカを作ることによって、博物館で展示することができたり、

研究者に研究され新しいことが発見されたりします。

さらに、もし災害などで本物が失われてしまっても、レプリカがあることで、

昔その生物がいたことを証明することができるのです。

それでは、制作工程を少し紹介します。

PC150189-2.jpg

レプリカにする本物のアンモナイト化石を選びます。

粘土で土台づくりをします。

PC150197.JPG

土台に埋め込んだアンモナイトと粘土の隙間を埋めます。

先をとがらせた割り箸を使って少しずつ少しずつ・・まさに職人ワザ!

PC150210.JPG

次にレプリカの型を作ります。ここで登場するのが歯科材料。

すぐ固まるのでスピード勝負!

PC150230.JPG

アンモナイト化石の上に流し込んで、かまぼこぐらいの固さに固まったら、

アンモナイトを取り出します。型の完成です!

PC150237-2.jpg

型ができたら、いよいよ特殊な石膏を流しこんで、レプリカを作ります。

PC150240.JPG

PC150250.JPG

PC150249.JPG

恐竜クイズでちょっと一息。

PC150257.JPG

そうしているうちに石膏が固まり、レプリカが完成しました!

PC150261.JPG

PC150268-2.jpg

最後は、みなさん大事そうにお持ち帰りくださいました。

ご参加いただき、ありがとうございました。

来年度も、実施予定です。ぜひお越しください。

お待ちしております。

(自然課 薄井)

皆さんこんにちは。いつも博物館をご利用下さいましてありがとうございます。

日光市立日光小学校6年生の皆さん、宇都宮市立戸祭小学校6年生の皆さんたちと、体験プログラムを行いました。

日光小学校 体験プログラム「火山灰を観察しよう」

学芸員の先生から火山をテーマにした講座を聞いた後に、「鹿沼軽石」を使って火山灰を顕微鏡で観察しました。

IMG00375_HDR_R.jpg

少量の火山灰が入ったパックに水を入れてよく洗います。洗った水や余分な土などを捨てるとパックの中に火山灰が残ります。それを顕微鏡で観察します。

IMG00376_HDR_R.jpg

ピントを調節して・・・「おー、見えた~!」火山灰がはっきり見えて感激です♪

「いろんな形が見えるね。」「オレンジや透明なものとか、いろんな色があるね」「ごつごつした形だね」などなど・・・皆さん細かなところまでよく観察しています。

IMG00384_R.jpg

火山灰のパックはお土産にお持ち帰りです。皆さん満足そうな表情で、充実した活動だったようでした。ありがとうございました。


戸祭小学校 体験プログラム「貴族の暮らし・武士と鎧」

IMG_0003_R.JPG

博物館職員から、平安時代の貴族の衣装の話や鎌倉・戦国時代の鎧について話を聞きました。なんで「十二単」っていうの?どうして鎧の形がちがうの?ふだん何気なく見聞きしていることでも、本当の理由を知ると皆さん驚いた様子でした。

IMG_0004_R.JPG

皆さんメモを取りながら真剣に話を聞いています。とても立派な態度でした!

IMG_0008_R.JPG

話の後は、みなさんお待ちかねの試着タイムです。十二単・当世具足・大鎧の中から好きなものを試着しました。博物館の職員に着付けをしてもらいます。気分は平安時代の貴族ですね♪

IMG_0009_R.JPG

最後には、先生にも十二単を着ていただきました!とってもお似合い!?ですね~

短い時間でしたが、鎧や十二単の雰囲気を味わうことができました。ありがとうございました。


博物館では、学校を対象に館内で行える体験プログラムをご用意しています。

博物館を利用しようとお考えの先生方、ぜひご検討ください。詳細は、当ホームページ内「先生方へ」のバナーをクリックして下さい。

教育広報課 柏村・中村(文責:沼尾)

みなさん、こんにちは。

いつも栃木県立博物館をご利用いただきましてありがとうございます。

今回は、下野市立石橋小学校と大田原市立親園小学校の皆さんと「むかしのくらしと道具」について出前授業を行いました。どちらの小学校も3年生の皆さんです。

【石橋小学校での様子】

はじめに、「火」についてみんなで考えました。今は、ライターやマッチなど手軽に火が手に入りますが、これらが無かったころはいったいどうやって火を手に入れたのでしょう?まいぎり式の火起こし器や火打ち石などを紹介しました。

zen.jpg

つづいて、グループに分かれて体験活動です。

ishi.jpg

こちらは石臼をひく体験です。とても重い石臼をひくのは大変です。重くてうまく回せません。今回は、みんなできな粉をつくりました。

mizu.jpg

今度は、水運び体験です。水桶の中には、約15Kgの水が入っています。バランスを取りながら運ぶのは大変です。重くてうまく持ち上がりません。

dou2.jpg

こちらでは、昔の道具の説明を聞きます。写真の道具は「蛇の目傘」です。紙と竹でできています。みんな「紙でやぶれないの?」と思いましたが、説明を聞いて納得したようです。

どのコーナーでも、皆さん楽しく授業に参加してくれました。ありがとうございました。


【親園小学校での様子】

はじめに全員で「音楽を聞く」ことをテーマに考えました。電気が無いころの人々は、どうやって音楽を楽しんでいたのでしょうか?

1.JPG

じつは、「蓄音機」という道具を使って音楽を聴いていたんですね。これはゼンマイで動く道具なので、電気は使いません。

2.JPG

「レコード」にも触ってみました。CDよりも大きくて重いですね。時代が進むにつれて、道具もしだいに「小さく」、「軽く」なっていくのがわかりました。

3.JPG

つづいて、昔の道具の説明です。電気が無いころに使われていた道具と、電気が使えるようになってできた道具をそれぞれ比べてみました。食事の用意や洗濯など、昔のお母さんはとても大変でしたが、電化製品のおかげでお母さんの仕事はずっと楽に、時間も短くなっていきました。

長い時間でしたが、児童の皆さんは一生懸命メモをとったり、話を聞いたりしていて、とても素晴らしい態度でした。ありがとうございました。


当館では、随時学校からの出前授業を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。当ホームページにも紹介されていますので、ぜひご覧ください。(トップページ「先生方へ」のバナーから)

電話:028-634-1312(教育広報課)

教育広報課 沼尾