キッズツアー「秋の森トコトコツアー」を行いました。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

みなさんこんにちは!

11月19日日曜日県博デーにキッズツアーを行いました。

9月10月は開館35周年記念特別企画展を行っていたため県博デーはおやすみさせていただいてました。

久しぶりに開催したのにもかかわらず参加してくださったお客様、本当にありがとうございます。

「秋の森トコトコツアー」ということで秋についての話をさせていただきました!


今中央公園の紅葉がすっかり赤や黄色に色づいてとても綺麗です。そして足元にはどんぐりやまつぼっくりが落ちています。

なぜ秋になると様々な植物の葉が赤や黄色に色づくのでしょうか。まず紅葉についてお話しさせていただきました。

P1170348_R.JPG

植物の葉が赤く染まることを紅葉(こうよう)と言います。ちなみに黄色に染まることをなんていうかご存知ですか?

黄いろの葉と書いて黄葉(こうよう又はおうよう)といいます。同じような言い方なんですね。

なぜ秋になると色鮮やかな葉っぱが見られるのでしょうか。

P1170351_R.JPG

涼しい季節になるといくつかの植物の葉は緑のもとであるクロロフィルというのを作らなくなります。

するともともと持っていた黄色の色素の目立った葉は、イチョウのように黄色く色が変わり、

もう一方の寒くなって赤いもとのアントシアンという色素がつくられた葉は赤く染まっていきます。寒くなると色が変化するなんて面白いですね。

次に秋になると増えるいろいろな種のお話をしました。

『やあ!』

どんぐりさんにも手伝っていただきました。

秋になると次の世代につなげるために様々な植物が種をつくります。

種のまき方は植物の種類によってさまざま。自然に落ちるもの、動物にくっついて運んでもらうもの...

ではこちらの種はどのように運ばれていくのでしょうか。

P1170429_R.JPG

こちらはカエデの種子です。上から落とすとくるくる回って落ちます。くるくる回ることでゆっくり地面に落ちていきます。

ゆっくりおちるとなにが種を運んでくれるのでしょう。

答えは『風』です!

風の力を利用して少し遠くに種子を運んでいたようです。たんぽぽの綿毛も同じですね。

植物によって運ばれ方も違うんですね。

最後はとことこスロープツアー!このスロープ展示は夏の設定ですがさまざまな写真をお見せしながら秋の話をさせていただきました。

秋に旅を始めるアサギマダラ、秋に多くの顔を見せるさまざまなキノコの仲間を発見しつつトコトコトコトコ...

P1170390_R.JPG

奥日光はこのあたりに比べてずっと気温が低い所です。寒い所は葉の赤いもと、アントシアンがたくさん作られます。

そのため鮮やかな赤に紅葉する葉が多いんですね。いろは坂や竜頭の滝など日光は色鮮やかな美しい紅葉を見られます。ぜひ皆様も秋の美しい紅葉を見に少し遠くに足を運ばれてはいかがでしょうか。


秋は見た目に美しい季節であり、次の季節を生きるため、生き物たちの工夫が垣間見えますね。

ぜひ身のまわりの秋をを楽しんでください。

"キッズツアー"は、毎月第3日曜日の1330分から実施しています。
次回は、1217日(日曜日)「ちょうちょ~チョウクイズにチョウせん~」です。楽しいクイズで蝶のことを学んでみよう!


また、第3日曜日は県博デー(博物館の日)として、キッズツアーの他にも たくさんのイベントを開催しています。
みなさまのご来館をお待ちしております。

(教育広報課 解説員 荒川)

みなさま こんにちは

中央公園では、まだまだ美しい紅葉がみられますよ。

それらの葉っぱを使って、11月25日(土曜日)に「落ち葉のステンドグラス」を作りました♪

その時の様子を、ご紹介します。


はじめに、紅葉の仕組みについてお話ししました。少し難しいお話しでしたが、みんな熱心に耳を傾けてくれていました。ちなみに、紅く色づく葉を「紅葉」、黄色く色づく葉を「黄葉」とよんで区別するんですよ♪

 P1170469_R.JPG

続いて、好きな型紙を選びくりぬく作業をしました。ハサミやカッターを使い一生懸命に行っています。

 P1170472_R.JPG

P1170478_R.JPG

いよいよ好きな葉っぱを選び、色とりどりなステンドグラスのようになるよう、貼りつけていきます。

P1170487_R.JPGP1170495_R.JPG

最後に葉っぱが剥がれおちないように、裏面をトレーシングペーパーで覆えば完成です!

P1170502_R.JPG 


それぞれとてもきれいな作品ができあがりました★

みなさんと楽しい時間を過ごすことができてよかったです。ありがとうございました。

次回の博物館でやってみよう!は12月16日(土曜日)の「木の実クラフトをつくろう」です。今現在、人数に余裕がありますので、ご予約のお電話お待ちしております!

                               教育広報課 解説員

12月のミュージアムツアーご案内

12月のミュージアムツアーについてお知らせいたします。

今年度から定時解説はミュージアムツアーに名前が変わりました)

   

来月には、下記のテーマ展を開催予定です。

・テーマ展「ミクロの世界」 1111日(土曜日)~121日(日曜日)

・テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」 1123日(木曜日)~48日(日曜日)

12月のミュージアムツアーのスケジュールについては以下のとおりです。

 ミュージアムツアーは1330分から開催しております。

 今年度より土曜日、日曜日(第3日曜日を除く)、祝日のみの開催です。

 2日(土曜日)          テーマ展「ミクロの世界」

 3日(日曜日)          テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

 9日(土曜日)          テーマ展「ミクロの世界」

 10日(日曜日)         テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

 16日(土曜日)         テーマ展「ミクロの世界」  

 17日(日曜日)         キッズ・ツアー「ちょうちょ~チョウクイズにチョウせん♪~」

 23日(土曜日)         テーマ展「ミクロの世界」

 24日(日曜日)         テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

テーマ展は約20分、キッズ・ツアーは約30分程度を予定しております。

   

キッズ・ツアーとは...

通常の定時解説とは異なり、お子様向けに毎回内容をかえて解説を行います。

解説場所については、当日の館内の掲示板にてお知らせいたします。

      

また12月の休館日は、

4日(月曜日)、11日(月曜日)、18日(月曜日)、25日(月曜日)となっております。

1228日(木曜日)から14日(木曜日)までは、年末年始のため、休館です。

   

皆様のお越しをお待ちしております。

秋の地学系観察会&講座を行いました。

秋も深まり、だんだんと冬の寒さを感じるようになってきましたね。

さて今回は、この秋開催しました地学系観察会と講座の様子をご紹介いたします。

10月20日(土曜日)、「めざせ!ゴールド☆ハンター」を行いました。

s_DSCN3492.JPG

小雨の降る中、参加者のほとんどが自分で砂金を掬うことができました。

s_DSCN3496.JPG

実際の砂金です。スポイトの先にあるのが見えますか?

s_DSCN3498.JPG

小さな小さな砂金ですが、採れた時は輝きに感動します!

また11月11日(土曜日)、「火山灰は宝石箱」in県博を行いました。

s_PB110125.JPG

〇ーラを使ったいつもの実験も行いました。

s_PB110122.JPG

(講座のくわしい内容は、2017年8月2日「地域移動講座『火山灰は宝石箱』を行いました。」でも紹介しております。)

他にも、収蔵資料の中から特別に、宝石となる鉱物なども近くで見て触れることができました。

s_PB110112.JPG

観察会や講座では、参加された方限定の特典がいろいろありますよ♪

今後の観察会や講座のご参加もお待ちしております。

✱今後の予定✱

那須野が原博物館にて地域移動博物館「みんなの鉱物大百科」を12月23日(祝)から開催予定。

詳細が決まりましたら、ブログにてご案内させていただきます!

(自然課 薄井)

開催中!移動博物館「私たちの生活と鉱物」in大田原

移動博物館「私たちの生活と鉱物」が大田原市ふれあいの丘自然観察館にて開催中です。

s_20170917174643_001.jpg

本展示は、生活用品と鉱物を一緒に展示し、

「こんな物にも鉱物が使われているのか!」と

知っていただくことをねらった展示になっております。

s_DSCN3398.JPG

こんな地味な?鉱物たちも・・

s_DSCN3389.JPG

なくてはならない生活用品になるんです!

s_DSCN3391.JPG

(アルミニウムです。)

胃の検査に使われるバリウム、ベビーパウダー、石膏、これもみんなもとは鉱物!

s_DSCN3401.JPG

どんな鉱物なのでしょうか。ぜひ現物をみてみてください。

そのほかにも、宝石の原石たちがお出迎えしていたり、

s_DSCN3378.JPG

(迫力満点です!)

磁鉄鉱に磁石をつけてみることができたり、

実際に鉱石を持ち上げることができたりするコーナーもあります。

kako-FZAjXo1TAf6eenFq.jpg

(大人もやってみたくなりますよ~)

盛りだくさんの展示になっております。

この機会にぜひご覧ください。

場所:大田原市ふれあいの丘自然観察館(℡0287-28-3251)

開館時間:午前9時~午後5時(入館は4時まで)

休館日:毎週月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(日曜日を除く)

入館料:大人200円、小中学生100円、未就学児は無料

会期:12月10日(日曜日)まで

(自然課 薄井)

開館35周年展「中世宇都宮氏」は2万人以上の方々にご来館いただき、大盛況のうちに終わることができました。

お忙しい中、足を運んで下さいまして本当にありがとうございました。

展示期間中には関連市町による展示が行われ、関連イベントや栃木県内14施設をめぐるスタンプラリーも開催されました。

スタンプラリーに関しては、ハーフ賞・コンプリート賞ともにたくさんの達成申請がありました。

いろいろな施設をめぐることによって、今まで行ったことがなかった栃木県内の資料館・史跡などを知っていただけたのではないかなと思います。

さて、本題です!

コンプリート賞を達成された皆様、お待たせしました~

豪華賞品が当たるWチャンス抽選会があったんですよね。

今回コンプリート賞を達成された方はなんと113名!

須藤館長による厳正な抽選会が行われました。

DSC07599.JPG

なお、当選の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

たくさんのご参加ありがとうございました!

                          (人文課 中山)


【~11/10(金曜日)まで】・展示室2は閉鎖中です

栃木県立博物館からのお知らせ

11月10日(金曜日)まで、展示室2(自然系常設展示)は、展示作業のためご覧になることができません。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

なお、11/11(土曜日)からは、自然系テーマ展『ミクロの世界』が開催されますので、どうぞお楽しみに。

栃木県立博物館

11月のミュージアムツアーのご案内

11月のミュージアムツアーについてお知らせいたします。

(※今年度から定時解説はミュージアムツアーに名前が変わりました)

   

来月11月には、下記のテーマ展を開催予定です。

・テーマ展「ミクロの世界」 11月11日(土曜日)~1月21日(日曜日)

・テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」 11月23日(木曜日)~4月8日(日曜日)

※10月31日~11月10日までの期間は、展示替えの為 「展示室2」 (テーマ展示や自然系常設展を行う場所)は、封鎖させていただきます。「スロープ展示室」と「展示室1」のみのご観覧となりますので、あらかじめご了承ください。

11月のミュージアムツアーのスケジュールについては以下のとおりです。

 ※ミュージアムツアーは13時30分から開催しております。

 ※今年度より土曜日、日曜日(第3日曜日を除く)、祝日のみの開催です。

 3日(祝日、金曜日)        展示室1

 4日(土曜日)          スロープ展示

 5日(日曜日)            展示室1

 11日(土曜日)         スロープ展示

 12日(日曜日)         テーマ展「ミクロの世界」  

 18日(土曜日)         テーマ展「ミクロの世界」

 19日(日曜日)         キッズ・ツアー「秋の森トコトコツアー」

 23日(木曜日)     テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

 25日(土曜日)     テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

 26日(日曜日)         テーマ展「ミクロの世界」

テーマ展は約20分、キッズ・ツアーは約30分程度を予定しております。

   

※キッズ・ツアーとは...?

通常の定時解説とは異なり、お子様向けに毎回内容をかえて解説を行います。

解説場所については、当日の館内の掲示板にてお知らせいたします。

      

また11月の休館日は、

6日(月曜日)、13日(月曜日)、20日(月曜日)、24日(金曜日)、27日(月曜日)となっております。

   

皆様のお越しをお待ちしております。

「わかぴったん~百人一首に挑戦~」を行いました。

肌寒く感じる季節になってまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

博物館では9月30日に「わかぴったん~百人一首に挑戦~」を

行いました。昨年度と同様、宇短附の学生さんたちとのコラボ企画です!

お集まりいただいた皆さまありがとうございました。

少しですが、その様子をご紹介していきたいと思います。

P1160814_R.JPG

まず始めに、宇短大音楽科による邦楽コンサートを行いました。

P1160819_R.JPG

箏の美しい調べが館内に響きました。

P1160838_R.JPG

邦楽コンサートの次は百人一首の体験です。

まず始めに、解説員による百人一首成立に関する解説です。

藤原定家と宇都宮頼通に扮してのちょっとした小芝居仕立ての解説でした。

P1160844_R.JPG

次に、宇短大附属高百人一首部による競技かるたの実演をしました。

「ちはやふる」の映画のよう!札が飛んでいきます。さすがに速いですね。

P1160853_R.JPG

百人一首部による実演の後は競技かるたの体験です。

私たち解説員も、百人一首部の高校生たちに教えてもらいながら体験に加わりました!

競技かるたの緊迫した雰囲気が味わえました。

P1160858_R.JPG

みーたんも参加しました!

皆さん楽しそうです。

P1160881_R.JPG

最後に邦楽演奏・体験を行いました。

P1160892_R.JPG

普段触れることの少ない楽器を演奏できる貴重な体験でした。


参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

次回の「博物館でやってみよう」は11月25日(土曜日)「落ち葉でステンドグラスをつくろう」(要予約)です。

皆さまのご参加お待ちしております。

ミミズ学講座②-ミミズの解剖と同定-

2017930日(土曜日)

 表記の講座①に引き続き、今回は講座②が博物館研修室にて行われ、多くの皆様が参加されました。

初めに、今回の講座の目的が説明されました。

  1 ミミズの同定に必要な分類形質

  2 ミミズの外部形態の観察

  3 解剖による内部形態の観察

  4 様々な形態をもつミミズの観察

次に、ミミズの同定のために重要な以下の7つの形質について説明がありました。

 ①剛毛の配列 ②環帯の形 ③雄性孔の形態 ④受精嚢孔の位置・対数 ⑤性徴の形態と分布

 ⑥腸盲嚢の形態

IMGP7011_R.JPG
観察を開始する前に、双眼実体顕微鏡に光源を入れ、両眼での観察のための目の幅の調整や左右の視度の調整などを行いました。両眼視での観察が初めての方には、慣れるまでしばらく見えづらいようでした。

 一人2匹ずつ、固定されたミミズを取っていきます。(フトスジミミズ、ヘンイセイミミズ)

 はじめは外部形態の観察で、剛毛の配列などを各自で観察いたしました。初めて見るミミズの剛毛は、光の加減や観察位置によってはなかなか見づらく、多くの方が苦労されていました。環帯の形と雌性孔の観察は、大体易しかったようです。

IMGP7015_R.JPG



さらに、雄性孔・受精嚢孔の観察と進むにつれ、次第に難しさが増してきました。孔といっても、受精嚢孔は体節と体節の隙間にわずかに見える窪み、といった感じであり、多くの方がだいぶ苦労されていました。

 次に、ミミズの背面を上にして、メスを手にして体壁を切り開き、内部形態の観察を行いました。

IMGP7018_R.JPG

IMGP7020_R.JPG

慎重に切り開いて、ピンで体壁を解剖皿の底のゴム板に固定し、観察を行いました。消化器系として咽頭、砂嚢、腸などを順に観察していきます。腸盲嚢を見つけるのは少し難しいようですが、ミミズの生活形を反映している重要な形質という説明がありました。生殖器の受精嚢、貯精嚢など、初めて見るものばかりで、解剖図と比較してじっくりと観察を行いました。

IMGP7022_R.JPG

早めに終わった方から、予め準備されていた他の種類のミミズの外部形態も観察し、それまでのミミズと比較していきました。

 解剖中には、巡回している担当学芸員と自由に活発な質疑応答がなされ、皆さんの疑問や不明な点などはおおむね解明されていったようです。

 今回は、ミミズについて内部・外部形態ともに十分な観察が行われ、種の分類や同定などがどのような観点からなされるかについても、だいぶ理解を進めていただくことができたように思います。

 ミミズにご興味を持たれた皆様は、ぜひ、2018317日より開催予定の「ミミズ展」にお越しください。

 

(自然課 浅羽 記)