7月のミュージアムツアーのご案内

7月のミュージアムツアーについてお知らせいたします。

(※今年度から定時解説はミュージアムツアーに名前が変わりました)

    

当館では、7月から以下の展示を開催予定です。

・企画展「大集合!北関東の動植物化石」 7月15日(土曜日)~8月27日(日曜日)

・テーマ展「巡回展・栃木の遺跡」 7月22日(土曜日)~9月3日(日曜日)

・テーマ展「地域回想法と博物館」 7月22日(土曜日)~9月3日(日曜日) 

     

7月のミュージアムツアーのスケジュールについては以下のとおりです。

 ※ミュージアムツアーは13時30分から開催しております。

 ※今年度より土曜日、日曜日、祝日(第3日曜日を除く)のみの開催です。

 8日(土曜日)          スロープ

 9日(日曜日)          展示室1

 15日(土曜日)         企画展「大集合!北関東の動植物化石」

 16日(日曜日)         県博デー キッズ・ツアー「ニンニン★忍者」

 17日(月曜日・海の日)    企画展「大集合!北関東の動植物化石」  

 22日(土曜日)         企画展「大集合!北関東の動植物化石」

 23日(日曜日)           テーマ展「巡回展・栃木の遺跡」

(※23日は14時から担当学芸員による企画展「大集合!北関東の動植物化石」の展示解説があります。)

 29日(土曜日)          テーマ展「地域回想法と博物館」

 30日(日曜日)          企画展「大集合!北関東の動植物化石」

テーマ展は約20分、企画展は約40分、キッズ・ツアーは約30分程度を予定しております。

      

※キッズ・ツアーとは...?

通常の定時解説とは異なり、お子様向けに毎回内容をかえて解説を行います。

解説場所については、当日の館内の掲示板にてお知らせいたします。

      

また、7月の休館日は、

(6月20日(火曜日)から行っている定期消毒のため7月5日(水曜日)まで、休館しております。)

1日(土曜日)~5日(水曜日)、10日(月曜日)、18日(火曜日)、24日(月曜日)、31日(月曜日)となっております。

 
皆様のお越しをお待ちしております。

館内消毒のため、6月19日(月曜日)から7月5日(水曜日)まで休館します。

利用者の皆様には、大変御不便をおかけいたしますが、御理解をいただきますようお願い申し上げます。

なお、上記期間中は、電話は代表番号(028-634-1311)、教育広報課直通(028-634-1312)のみが通話可能となっておりますので、栃木県立博物館へ連絡をする場合は、御注意くださいますようお願い申し上げます。

(栃木県立博物館)

キッズツアー「収蔵庫のお話」を行いました。

皆さま、こんにちは。

5月21日(日)にキッズツアーを行いました。

当日の様子をさっそくレポートしたいと思います。

まずは、2階ロビーに設置された収蔵庫の再現スペースへ。

種類ごとの収蔵の仕方をご紹介しました。

次に、ただ今開催中の「収蔵庫は宝の山!」のお部屋へ移動し、いくつか解説しました。

やはり恐竜は大人気。図鑑でも確認して頂きました。

タルボサウルスやエドモントサウルスって知ってる~

P1150819_R.JPG

そして、一番盛り上がりを見せたのが石のお話。

栃木県産とブラジル産の紫水晶を比べてもらいました。

ブラジル産の紫水晶の大きさにみんなびっくり!

P1150824_R.JPG

紫水晶は2月の誕生石という事に絡めて、本物の誕生石を特別に大公開。

P1150823_R.JPG

みんな身をのり出して見ていました。

今回のキッズツアー、いかがでしたか。

収蔵庫にはいろいろなものが保管されていて、どれも大切な博物館の宝物なんです。

たくさんのご参加ありがとうございました。次回は6月18(日)の「ぐるり。模様めぐり。~動物の世界~」です。

教育広報課 佐藤

モリアオガエル観察会を行いました

平成29年6月3日(土)塩谷町東荒川ダム親水公園で、午後7:00より9:00まで、モリアオガル観察会を行いました。

これは主な観察を行う公園の風景で、明るいときに撮影したものです。

2017060301_R.JPG

開始時刻前には申し込みの皆さん全員が駐車場に集合されました。当日は好天で夕方になっても明るく、15分ほど時間を遅らせて観察会が始まりました。

本日のスタッフ紹介、観察時の注意点などを説明した後、薄闇の中でライトを消して石段に腰をかけ、カエルたちの鳴き声にじっと耳を傾けました。

 やがてだいぶ暗くなってきたので、ライトを点けて各自で水面や流れを照らし、観察が始まりました。

2017060302_R.JPG

低い声でゴゴゴゴと鳴くモリアオガエル、ヒュヒュヒュヒュヒュと高い声で鳴くカジカガエル、

シュレーゲルアオガエル、ニホンアマガエルなどの鳴き声が確認できました。

この写真は、一時的にケース入れて観察しているところです。

201706033_R.JPG

 少し風が強まり寒くなってきたので、場所を移動しました。

モリアオガエルの卵塊が、いくつも木の枝先などに観察できました。

201706034_R.JPG

これは、同じ日の明るいときに撮影したもので、中央の白い塊が卵塊です。

201706035_R.JPG

最後に駐車場に戻り、今日の観察のまとめをして解散となりました。

参加者の皆様に実際に観察していただいたのは、以下の両生類です。

ニホンアカガエル、モリアオガエル、カジカガエル、ツチガエル、トウキョウダルマガエル、アカハライモリ。

参加者の皆様には、遅くまで大変お疲れ様でした。

                   (自然課 浅羽記)

本日6月3日に「ミジンコやアオミドロを見てみよう」を行いました。

栃木県内の田んぼで学芸員が採ってた生き物を、博物館で顕微鏡を使って観察しました。

まずは目で見て、どんな生き物がいるかな?

IMG_0947.JPG

今回は、ホウネンエビとカブトエビ、ミジンコ、アオミドロ、アミミドロを採ってきました!

写真は、2cmくらいの大きさのホウネンエビ。

IMG_0951.JPG

アミミドロや泥の中にも、目に見えないくらい小さな生き物がたくさんいます。

目に見えない小さい生き物は、スライドグラスを使って...

IMG_0952.JPG

ひと通り顕微鏡で見た後は、坂井学芸員から生き物について説明がありました。

ミジンコは、背中側に卵をもっているものも。心臓が動く様子も動画で紹介しました。

IMG_0949.JPG

この後もいろいろな生き物を、じっくり観察しました。

子どもたちはもちろんですが、大人の方も、普段見られない変わった姿の生き物たちに見入っていました。

(自然課:三瓶)

「ミクロの世界探検」行いました!

521日(日)に「電子顕微鏡 ミクロの世界探検」を行いました。

今回のテーマは、「新種!那須塩原市の珪藻化石」です。

s_DSCN2542.JPG

こちらの地層を電子顕微鏡で見てみると、肉眼では見えない「化石」が見えます。

どんなものが見えるでしょうか?

s_DSCN2552.JPG

見えたのものが、こちら。これは、「珪藻(けいそう)」という水の中にいる微生物です。

s_Miniscope0781w.jpg

この珪藻は、研究者によってくわしく調べられて、「新種」ということがわかった種です。

今回、新種の決め手になった特徴なども紹介し、小さな「珪藻」の深い世界を探検しました!

s_DSCN2544.JPG

ほかにも、来館者からの持ち込みのチョウを電子顕微鏡で観察してみました。

これは、チョウ(ウラギンヒョウモン)の触角です。どうしてこんな構造なのでしょうね!?

s_DSCN2593.JPG

ミクロの世界探検では、電子顕微鏡を使って、身近なものや生き物を観察します。

普段何気なく見ている世界にも、驚きと発見があるかもしれません。

次回は、716日(日)を予定しています。ご参加お待ちしております!

(自然課 薄井)

2017年5月28日(日)に、表記の講座を芳賀町総合情報館で行いました。

好天で夏のような気温でしたが、冷房が適切に効いた明るい会場は快適でした。多くの皆様にご参加いただき、会場はほぼ満杯となるほどの盛況でした。

当館の南谷研究員により、エビ、カニ、ヤドカリなどのそれぞれの特徴や、見分け方、暮らしぶりなどをわかりやすく説明し、栃木県内のエビ・カニについても説明しました。

0528-2_R.JPG

生きているアメリカザリガニ、ヌマエビ、カワリエビ、サワガニなどを用いて、オスメスの見分け方やそれらの特徴などについての説明がありました。お子さん達は近づいて熱心に聞き入っていました。

0528-5_R.JPG

講座が終わった後の質疑応答では、参加者の皆さんからいろいろな質問が出て、活発な議論が行われました。

小学生のお子さん方の参加も多く、鋭い指摘や素朴な質問などが飛び交いました。

0528-1_R.JPG

その後、開催中の展示会場に移動し、展示物を交えての説明が行われました。

0528-3_R.JPG

 なお、地域移動博物館「エビ・カニ・ヤドカリ~不思議な甲殻類の世界~」は、7月9日(日)まで芳賀町総合情報館で開催されています。ぜひお立ちよりください。    (自然課 浅羽 記)

6月のミュージアムツアーのご案内

6月のミュージアムツアーについてお知らせいたします。

(※今年度から定時解説はミュージアムツアーに名前が変わりました)

当館ではただいま、以下の展示を開催しております。

・企画展「とちぎの山・鉾・屋台」 429日(土曜日)~6月18日(日曜日)

・収蔵資料活用促進展示「収蔵庫は宝の山!~初公開の化石・鉱物・動植物~」

                           318日(土曜日)~618日(日曜日) 

     

6月のミュージアムツアーのスケジュールについては以下のとおりです。

 ミュージアムツアーは1330分から開催しております。

 今年度より土曜日、日曜日、祝日(第3日曜日を除く)のみの開催です。

 3日(土曜日)        企画展「とちぎの山・鉾・屋台」

 4日(日曜日)        収蔵資料活用促進展示「収蔵庫は宝の山!~初公開の化石・鉱物・動植物~」

※4日は14時から担当学芸員による企画展「とちぎの山・鉾・屋台」の展示解説があります。)

 10日(土曜日)       企画展「とちぎの山・鉾・屋台」

 11日(日曜日)       収蔵資料活用促進展示「収蔵庫は宝の山!~初公開の化石・鉱物・動植物~」

 17日(土曜日)       収蔵資料活用促進展示「収蔵庫は宝の山!~初公開の化石・鉱物・動植物~」

 18日(日曜日)県博デー キッズ・ツアー「ぐるり。模様めぐり。~動物の世界~」


収蔵資料活用促進展示は約20分、企画展は約40分、キッズ・ツアーは約30分程度を予定しております。


キッズ・ツアーとは...

通常の定時解説とは異なり、お子様向けに毎回内容をかえて解説を行います。

解説場所については、当日の館内の掲示板にてお知らせいたします。


また、6月の休館日は、

5日(月曜日)、12日(月曜日)、19日(月曜日)のほか、

620日(火曜日)から75日(水曜日)までは定期消毒のため休館です。

なお、610日(土曜日)と11日(日曜日)、15日(木曜日)は無料入館日です。

 
皆様のお越しをお待ちしております。

みなさんこんにちは!

暑い日が多くなり、夏も間近ですね♪

さて、5/20(土)に 博物館でやってみよう 「まが玉をつくろう」 を行いました。

(※今年度より「体験学習」は「博物館でやってみよう」に名前が変わりました)

参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

まずは、まが玉について知っていただきました。

P1150777_R.JPG

何のために作られたのか、何の形なのか・・・などなど、

みなさんにも考えてもらいました。

次に、まが玉の作り方についての説明です。

P1150780_R.JPG

3種類用意した紙やすりの違いなど、みなさん真剣に聞いてくださいました。

いよいよ、石を削り始めます。

P1150783_R.JPG

四角い石をまが玉の形にするために、一生懸命削ってもらいました。

P1150787_R.JPG

丸みをつけてまが玉の形が出来上がったら、細かい目の紙やすりでツヤをだします。

P1150785_R.JPG

ひもを通したら完成です!

とってもきれいなまが玉ができました♪

P1150788_R.JPG

お洋服にもよく似合っていますね!

自分で削ったり磨いたりしたまが玉は、とっても愛着がわきます。

みなさん嬉しそうに身に着けてくれました♪


次回の 博物館でやってみよう は、

6/10(土)「わかぱたぱた-百人一首うちわをつくろう-」と、7/17(日)「七夕飾りをつくろう」です。

こちらは予約不要ですので、当日ぜひ参加してみてください♪

7/27(木)、7/28(金)の 博物館でやってみよう は「My植物図鑑をつくろう」です。

こちらのご予約は、電話で受け付けています。028-634-1312までご連絡ください。

みなさまのご予約&ご参加をお待ちしております♪

(※今年度の予約受付は開催月の2ヵ月前の1日からとなっておりますのでご注意ください

                                                   (解説員 荒川・松永)

ナスヒオウギアヤメ鑑賞会を開催しました!

 5月20日に栃木県中央公園にて、中央公園との共催で「ナスヒオウギアヤメ鑑賞会」を行いました。

県博の須藤館長と中央公園の西村所長からのご挨拶にて、県内でも見られる場所が限られているナスヒオウギアヤメについてのお話しがあった後、当館植物担当の星学芸員より観賞ポイントの解説がありました。

IMG_0929w.jpg

参加者の皆さんは、比較するために鉢植えされたアヤメとナスヒオウギアヤメに近寄り、まじまじと花をのぞき込んでいました。ちょっと変わったアヤメの仲間の花のつくりを観察することができました。

「株分けでふえるの?」などの質問もでて、アヤメやカキツバタとの違いからナスヒオウギアヤメの分類まで、鑑賞会は20分程でした。

(自然課:三瓶)