新緑の季節となりました。緑豊かな中央公園では、様々な花が咲き乱れています。

5月19日(日曜日)の県博デーに、キッズツアー「ぐるり。模様めぐり。~昆虫と日本の歴史~」を行いました。

キッズツアーは、いつものミュージアムツアーとは違った、お子様向けの解説です。

ご家族でご来館の際は、ぜひご参加下さい。 

 

私たちは、色々な模様に囲まれて生活しています。

昔の人は、模様に意味を感じていました。

今回は、昆虫に関する模様を館内で探します!

IMG_3997_R.JPG

最初に、展示室2の動物コーナーで、昆虫について説明しました。

昆虫は、体が頭・胸・腹に分かれ、足が胸に6本ついている生き物です。

それでは、昆虫を探しに行きましょう!

IMG_4007_R.JPG

博物館の十二単には、蝶の模様がついています。

蝶の模様には、どのような意味があるでしょう?みんなで考えました。

春には、多くの蝶が飛び交います。蝶の羽には、美しい模様が一杯です。

素敵な蝶の羽について、お話ししました。

 

次に、展示室の外国のカブトムシを見ました。

カブトムシは、日本の夏の風物詩でもあります。

カブトムシは、兜に似ていることから名づけられました。

兜の模様は、男の子のお宮参りの着物で、魔除けの意味を込めて、使われました。

IMG_4026_R.JPG

兜には、クワガタムシの由来になったものもついています。

みんなで、どこにあるかを探してみました。

 

その後、日本のカブトムシとクワガタムシについて、クイズを行いました。

カブトムシとクワガタムシは、どちらが長生きするでしょう?

栃木県には、何種類いるでしょう?

皆さん、一生懸命考えてくれました。

IMG_4032_R.JPG

IMG_4031_R.JPG

秋には、赤とんぼを見ることができます。

IMG_4037_R.JPG

トンボは「勝ち虫」とも呼ばれ、武士に人気の模様でした。

陣羽織や箙には、トンボの模様が使われることもありました。

IMG_4034_R.JPG

現在、トンボを捕まえる時には、虫取り網を使うこともあります。

日本には、網の伝統模様もあります。そのため、この模様の意味も考えました。

IMG_4040_R.JPG

最後に、トンボの正しい捕まえ方を紹介し、終了です。

 

今日は、博物館で色々な昆虫の模様を探してきましたが、いかがでしたか?

館内には、他にも昆虫に関する展示がたくさんあります。

また今回ご紹介した、十二単や鎧の着付け体験も行っております。

皆様お誘い合わせの上、ぜひご来館下さい。

*********************************************

"キッズツアー"は、毎月第3日曜日の1330分から実施しています。

次回は、616日(日曜日)「鳥獣戯画からみつけてみよう!~動物達と伝統文化~」です。

また、第3日曜日は県博デー(博物館の日)として、キッズツアーの他にもたくさんのイベントを開催しています。

みなさまのご来館お待ちしております。

(教育広報課 解説員 中田)

5月18日(土曜日)に、博物館でやってみよう!「百人一首教室」を行いました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

当日の様子をご紹介いたします。

まずは一人で練習します。

IMG_1052_R.JPG

徐々に読むスピードを上げていきましたが、みなさん札を素早くとることができました。

慣れてきたところで対戦です。

IMG_1056_R.JPG

熱戦が繰り広げられました。全勝したお子さんがいて、びっくりしました。

 

休憩時間にはロビーに飾られている平安時代の衣装の紹介をしました。

IMG_0608_R.JPG

読み札に描かれている衣装のレプリカを間近で見てもらいました。

最後に、お楽しみの時間として、化石ひろいをしました。

IMG_1059_R.JPG

15分程度の時間でしたが、どのお子さんも、ウニのとげや貝殻の化石をたくさん見つけていました。

 

以上、簡単ですが、百人一首教室(第2回)の様子をお伝えしました。

次回は6月9日(日曜日)の開催となります。

「毎回は参加できない・・・」という方でも大丈夫です。都合のつく回にご参加ください。

年間の予定については、こちらでご確認ください。

平成31(2019)年度 博物館でやってみよう

皆様のご参加をお待ちしております。

ナスヒオウギアヤメ鑑賞会を開催しました!

みなさん こんにちは。

木々の緑がみずみずしく、風もさわやかな5月ですね!

そんな5月18日土曜日、栃木県中央公園の日本庭園にて

中央公園との共催で恒例の「ナスヒオウギアヤメ鑑賞会」が行われました。

_MG_6601.JPG

大勢の方がお集まりくださいました!

はじめに、アヤメ類の花の形の特徴や

ナスヒオウギアヤメが発見された経緯などが紹介されました。

_MG_6603.JPG

そして、実際に花の近くによって観察しました。

IMG_6618.JPG

こちらが、ナスヒオウギアヤメ

IMG_6621.JPG

こちらが、アヤメ

中央公園のナスヒオウギアヤメの見ごろは、あと一週間くらいだそうです。

_MG_6628-2.jpg

「かえでばし」から見られるナスヒオウギアヤメもおすすめです。

中央公園をお散歩をされる際には、ぜひナスヒオウギアヤメもご覧ください。

(自然課 薄井)

2019年5月18日の土曜日、自然系講座「ミジンコやアオミドロを見てみよう」を博物館で行いました。

初夏の爽やかな風の吹く日で、快適な気候です。観察する材料は、前日のうちに、栃木県内の田んぼで採集してきました。

午前10時、本日担当の坂井広人学芸員から、観察についての説明が始まりました。

各テーブルに用意された観察セットのスライドガラスやシャーレに、材料を各自グループで取り分けていきます。

IMGP7743_R.JPG

お子さん達は、肉眼で動きがよく分かるホウネンエビやミジンコなどをまず見てみたいようです。

顕微鏡は、双眼実体顕微鏡と単眼および双眼の光学顕微鏡を、各グループ2~4台ご用意しました。

いよいよ観察の開始です。光学機器の取り扱いも最初はだいぶまごついたお子さんもいたようですが、だんだん上手になってきました。

IMGP7746_R.JPG

IMGP7750_R.JPG

坂井学芸員が、準備した動画を随所で流して生き物の説明をしていきます。

ミドリムシの運動の様子、ミジンコの運動や子供の様子などの動画を、皆さんは熱心に見ていました。

IMGP7754_R.JPG

予期していない微生物も時々出現して、スタッフと議論を交わしている場面もありました。

IMGP7747_R.JPG

これは皆さんにとても人気のあったホウネンエビです。卵をたくさん抱えているのがメスです。

IMGP7760_R.JPG

いろいろな田んぼからの試料をだいぶ観察したところで、終了時刻の12時となりました。

以上のほかに、イタチムシ、ツリガネムシ、アメーバ、ケイソウ、ゾウリムシ、ナベカムリなどさまざまな生き物を観察することができました。ご参加いただいた皆様、有難うございました。

この観察会は毎年実施されています。また来年度も多くの皆様方のご参加をお待ちいたしております。

            (自然課 浅羽記)

今年度の出前授業が始まりました

博物館と学校の連携事業の一環として行っている出前授業が、今年度も始まりました。

【昔の道具】

IMG_3917.JPG

【昔の衣装(十二単など)】

IMG_3928.JPG

をテーマに子どもたちが実際に見たり触れたりできる授業となっています。

IMG_3922.JPG

IMG_3923.JPG

教科書や資料で見るだけではないとうことで、子どもたちは五感を働かせて学びを深めている様子が見られました。

当館の職員や解説員も同行し、解説や質疑応答のコーナーもあります。

今後も栃木県の子どもたちの学びを深めるため、先生方の教材研究の負担軽減等につなげるため、学校との連携をしていきたいと思います。

※貸出資料リストや指導案等もHP内にありますので、ぜひご覧ください。出前授業の申し込みはコチラまで(電話)028-634-1312

5月11日(土曜日)に十二単着付けの仕方の研修を行いました。

本研修に参加すると、修了証が発行され、資料貸し出しの際に必要な研修を受けなくても資料を借りられるようになります。

修了証見本.pdf

14時30分に始まり、初めの10分間で本館の貸出資料の説明。

その後、着付け体験となりました。

IMG_3907.JPG

借りた時に困らないよう、箱から取り出すところからスタートです。

IMG_3911.JPG

IMG_3912.JPG

解説員が丁寧にサポートします。

最後に、参加者の要望や質問に答える時間を設けました。

今回は、複数人数に着せたい場合のやり方や想定される質問への答えをお伝えしました。

全部で約1時間ほどの研修時間となりました。

今後は、8月8日(木曜日)に「地学編」、8月9日(金曜日)に「博物館を活用しよう編」を行います。

予約は(電話)028-634-1312まで。ご参加お待ちしております。

みなさんこんにちは!青葉茂れる季節になり中央公園を吹き抜ける風が何とも心地よくおかげさまで

博物館を訪れる方も増えてきました。博物館では5月5日こどもの日に「鎧を着てみよう」を行いました。

ご参加いただいた皆さまありがとうございました。当日の様子です。

IMG_3852_R.JPG

IMG_3870_R.JPG

鎧は使われた時代の戦い方によって形や材質が大きく違っています。

左が大鎧(おおよろい)。平安時代から鎌倉時代までの武士が使っていました。

馬に乗って弓を引くのに適した形になっています。装飾も立派です。五月人形

はこちらが多いようです。右は当世具足(とうせいぐそく)。戦国時代の頃の

武将が使用しました。鉄砲の弾を防ぐために頑丈で動きやすくデザインも

シンプルです。この鎧は徳川家康が着用したものの写しです。

IMG_3875_R.JPG

ポーズも決まっていますね。令和のパネルも大活躍。よい記念になると私たちも光栄です。


次の「博物館でやってみよう」(予約不要)は6月2日(日)14時から「手ぬぐいでミニ巾着をつくろう」です。お気軽にご来館ください。

(解説員:荒川・相子)

第123回企画展「下野の鎌倉街道-道を行き交う人と物-」展示図録に下記のとおり、誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

箇所

10

図4 宇都宮の日付

719

725

21108

No.37 墨書土器年代

8世紀後半

8世紀前葉

43

遺跡紹介文 1行目

線路東側

線路西側

72

No.216 資料写真

図録掲載写真

下記写真

73

15 前田慶次道中日記行程図

板谷・石仏宿泊日

18日は板谷を経て石仏泊

84

17 遺跡名

堂金林遺跡

道金林遺跡

86111

No.251 資料名

凞寧通宝

凞寧元宝

utsunomiyashiryou.jpg

72頁 No.216 宇都宮志料 巻之三 【正】

※正誤表をご希望の方には送らせていただきますので、御手数をお掛けいたしますが、ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

  < 連絡先 栃木県立博物館学芸部人文課 028-634-1313>

令和元年5月4日土曜日、表記の観察会を実施しました。日中はとても良い天気で暖かな気候でした。

観察場所の那須塩原市沼ッ原湿原は、標高1230mにあり、遠くに見える山々にはまだ白く雪が残っています。

DSC03948_R504.JPG

 午後6時30分、参加者の皆様全員お集まりになりました。まだまだ明るいですが、夜に備えて支度を整えます。ここは駐車場です。博物館の林学芸員から、観察に入る前の注意点などを説明しています。

DSC03980_R504.JPG

 ゆっくり歩いて15分ほどで湿原に出ますが、その途中でもいろいろな生物に出会います。

今回は、オオジシギという鳥が盛んに鳴いているのが聞かれました。ズビヤク、ズビーヤクと大声で鳴き、空高く舞い上がっていきます。次に、ゴゴゴゴゴゴッと大きな音をとどろかせて急降下していきます。これが何度も何度も繰り返され、とても珍しい体験をしました。暗い中で写真を撮れずに残念!

湿原に到着し、各自の懐中電灯で水の中を観察します。

DSC03981_R504.JPG

DSC03985_R504.JPG

この上の写真で水の中に白いものが見えるでしょうか。これを拡大してみます。

DSC03997_R504.JPG

クロサンショウウオの卵嚢が沢山たくさん産みつけられていました。よく見るとあちこちの水中に見つけられました。

成体のクロサンショウウオやイモリも水の中を泳いでいて、だいぶ観察することができました。

DSC03990_R504.JPG

あっという間に2時間が経ち、帰路についたところで、大きなアズマヒキガエルが木道の下に現れました。子どもさんたちも大喜びでした。

DSC04011_R504.JPG

今回は、いろいろな生物を観察することができました。

ご参加いただいた皆様、夜遅くまでお付き合いいただき、有難うございました。

次回は、6月1日の土曜日にモリアオガエルの観察会を予定しています。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

       自然課 浅羽 記

ただいま当館では、自然系テーマ展「もみじとカエデ」(2019年3月16日(土曜日)~6月16日(日曜日))を開催しています(詳細:http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/exhibition/thema/shizen20190316/momijitokaede.html)。このテーマ展の関連行事として、4月21日に学芸員とっておき講座「カエデの花って見たことある?」が行われました。講師は三瓶ゆりか学芸嘱託員(植物担当)が務めました。

講座風景.jpg

「もみじ」と呼ばれる「カエデ」は秋に美しく紅葉する木として有名です。今回、春なのになぜカエデの話題なのだろうか?と不思議に思った方もいるかもしれません。なんと今回の講座では、春ならではのカエデの「花」に着目しました。

皆さんはカエデの花を見たことはありますか?この季節、新緑のカエデが沢山の花をつけているので、ぜひ観察してみてください。今回の講座では、多くの種類のカエデの花が紹介されました。改めて見てみると、形や色が種類によって全然違うのが分かります(写真はオオモミジの花)。

オオモミジの花.jpg

そしてよく見ると、花の子房から2枚の突起が飛び出しています(下の写真の矢印の部分)。

オオモミジの花の拡大.jpg

この突起、羽根のように見えませんか?
実はこのあと"タネ"が成熟すると(下の写真)、この突起は本当に羽根のような役割を果たします。

オオモミジのタネ.jpg

今回は、カエデの"タネ"を模した紙細工(下の写真:付箋紙ほどの大きさの紙の端にクリップをつけたもの)を作って、高いところから落とす実演も行いました。

紙細工.jpg

落としてみると、くるくると回りながら時間をかけて落下しました。カエデの"タネ"は、こうして羽根を使ってゆっくり落下して、風で遠くに運ばれるように工夫しているのでしょう。

普段あまり気にすることのないカエデの花に秘められた秘密から、自然の奥深さを実感できる講座でした。

(自然課 山本)