テーマ展「もみじとカエデ」が始まりました。

みなさんは「もみじ」と「カエデ」と聞いて、なにをイメージしますか?

私の場合、赤や黄色に彩られた紅葉、メープルシロップ、カナダの国旗・・

のようなイメージしかありませんでした。

ところが今回、もみじ、カエデのイメージが大きく変わり、より魅力を感じるようになりました。

そんな展示について少しご紹介します。

まず展示室、そこはまるで新緑が美しい森の中・・

s_IMG_6336.JPG

展示は、こんな風に進みます。「カエデじゃないのは、どれ?」

s__MG_6352.JPG

カエデの葉を観察しながら森の中を歩いているような気分。

s__MG_6372.JPG

これもカエデなの?こんな形の葉があるなんて!驚きます。

そして、気が付くと、栃木県に自生するすべてのカエデに出会えます。

s__MG_6376.JPG

花やタネにも見どころがあります。色、形、咲き方、なんともユニークです!

s__MG_6381.JPG

2017年県内で初めて発見された「クロビイタヤ」も見ることができます。

ここで、担当者 三瓶 からひとこと。

「もみじもカエデの仲間です。いろいろなカエデを知って、

お気に入りのカエデをみつけてください。ちなみに私はミツデカエデかな」

みなさんも、ぜひお気に入りのカエデを探しに博物館にきてください。

新緑の季節をより楽しめると思います。

(自然課 薄井)

**********************************

「もみじとカエデ」

会期:6月16日(日)まで

場所:自然系テーマ展示室

担当学芸員による展示解説:3月24日(日)、4月7日(日)、5月26日(日)

             14:00~15:00

学芸員とっておき講座:「カエデの花って見たことある?」

            4月21日(日)、13:30~15:00、研修室、定員40名(☎028-634-1312)

http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/exhibition/thema/shizen20190316/momijitokaede.html