観察会「春の植物を見つけよう」を行いました。

4月14日(土)宇都宮市多気山にて、観察会「春の植物を見つけよう」を行いました。

毎年この時期に恒例の多気山での観察会ですが、今年は暖かくなるのが早く、例年とは異なる植物の様子も見られました。

ソメイヨシノはすでに散り、その代わりにウワミズザクラが満開でした。

uwamizuzakudra.JPG

こちらはエイザンスミレ。深く切れ込んだ葉が特徴的で見分けやすいスミレです。

eizansumire.JPG

展望広場では、なんと9種類のスミレが見られました。

tagesan.JPG

こちらは、タチツボスミレとニオイタチツボスミレの雑種であるマルバタチツボスミレです。

marubatatitubo2.JPG

こんなに群生していました。

marubatatitubo1.JPG

例年より早い気候の変化を、植物で感じる観察会でした。

(自然課:三瓶)