「130年前のカワウソの標本」を特別公開!

5月4日と5日、「130年前のカワウソの標本」を特別公開!

現在開催中の「収蔵庫は宝の山!」展の関連行事として、5月4日と5日、当館収蔵のニホンカワウソの標本を公開します。午後1時~4時の時間限定公開です。

ニホンカワウソは今では絶滅してしまった動物ですが、公開するのは明治17年(1884年)に捕獲されたメスから取り出された2頭の胎児の標本です。

出産直前で、体長約20㎝にまで成長し、毛は生えそろっています。

カワウソ箱031a_R.jpg

この標本は、エタノールを満たしたガラスビンに納められ、さらに桐箱の中に保存されてきました。

桐箱には、捕獲された日付や場所、標本となった経緯について詳しく記述されており、明治17年3月15日に、現在の群馬県前橋市の群馬県庁近くで捕獲されたことがわかります。

この標本は光が当たると色が落ちてしまうため、長期間展示することはできません。

一方、博物館に資料を保存することの意義を多くの方に理解していただくためにはとても役立ち、「収蔵庫は宝の山!」展で公開したい資料です。

そこで、大型連休中で来館者が多い日を選び、時間を限った特別公開という形でお目にかけることにしました。

・行事名 「130年前のカワウソの標本」特別公開

・日時 平成29年5月4日(木)・5日(金) 午後1時~4時

・場所 栃木県立博物館 展示室2階 展示室2入口

 とても貴重な標本です。この機会に、ぜひご覧ください。(自然課)