ワークショップ

博物館の展示解説の多言語化
~どうやってる?これからどうしよう?~

開催日時:2018年2月21日(水曜日)13時15分~16時30分

1.開催趣旨
    国際化が進展する中、日本の自然や文化について伝える博物館は、これまで以上に外国からの訪問者にわかりやすい情報の発信を求められている。 こうして「多言語化」を進める必要に迫られた博物館の現場では、実際にどのようなやり方があり、それぞれどのような長所や問題点があるのか、 導入や保守管理のコストはどれくらいかかるのか、具体的に知りたいという要望が強い。
   このワークショップでは、すでに外国語による解説を導入した全国各地の8施設に、その内容、長所、問題点等について報告していただく。そして、かけることができる費用や保守管理の手間も勘案した、それぞれの施設の状況に応じた「多言語化」の手法について、参加者間で情報を交換し、アイデアを出し合う機会としたい。
2.開催主体
主催:自然史レガシー継承・発信事業実行委員会

*自然史レガシー継承・発信実行委員会は以下の8館で構成。

北海道博物館、栃木県立博物館、国立科学博物館、三重県立総合博物館、大阪市立自然史博物館、 伊丹市昆虫館、兵庫県立人と自然の博物館(事務局)、北九州市立自然史・歴史博物館

3.開催概要
日  時:平成30年2月21日(水)13時15分~16時30分
会  場:栃木県立博物館 講堂 (栃木県宇都宮市睦町2-2)
参加費:無料
対  象:
博物館・美術館等の施設職員および関係者、外国語による情報発信に関心がある方
定  員:200名

4.プログラム
受付:12:30~   開会13:15

(1)
事例報告(13:20~15:20)*各15分
北海道博物館における多言語化の取り組み
   北海道博物館   水島未記氏
茨城県自然博物館における多言語化の現状と課題-展示ガイドシステムを中心に
   -ミュージアムパーク茨城県自然博物館   中川裕喜氏
明日からできる?!多言語化
   栃木県立博物館   岡本直人氏
国立科学博物館における多言語化の取組
   国立科学博物館   池本誠也氏
神奈川県立生命の星・地球博物館における多言語化の取り組み
   神奈川県立生命の星地球博物館   佐藤武宏氏
ただ外国人のためではない多言語対応のために
   大阪市立自然史博物館   佐久間大輔氏
多言語対応デバイスを使ってみました:ビーコン配信とポケトーク
   兵庫県立人と自然の博物館   三橋弘宗氏
北九州市立自然史・歴史博物館の多言語化の現状と課題
   北九州市立自然史・歴史博物館   蓑島悠介氏
(2)
総合討論(15:30~16:30)
テーマ:多言語化、これからどうしよう
コーディネーター:栃木県立博物館 林 光武

※終了後にワークショップ懇親会を予定しております。
5.申し込み方法

   下記担当者まで、電話、FAXまたはEメールで御名前・所属を御連絡ください。懇親会の参加の有無についてもお知らせください。

   申込締切:平成30年2月16日(金)
6.本件に関する問い合わせ先
自然課 学芸部長補佐兼自然課長 林光武
   hayashit02@pref.tochigi.lg.jp
自然課主任研究員 栗原隆
   kuriharat03@pref.tochigi.lg.jp
   028-634-1311 (代表)

Copyright©2007 Tochigi Prefectural Museum, All Rights Reserved.
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。