小泉斐筆「鮎図」(部分) 当館蔵

人文系美術工芸部門 夏季テーマ展

小泉斐の世界
−鮎と風景と人物−



開催期間:2018年9月8日(土曜日)
〜10月8日(月曜日)

開催概要
 下野を代表する文人画家として知られる小泉斐(1770〜1854)は、芳賀郡益子で神官を務める木村家に生まれました。10代初めより絵を学び、50歳以降は黒羽藩主大関増業(1781〜1845)から鎮守社を与えられて宮司を務め、増儀(1811〜66)に家督がうつった以後も、精力的に作画活動を行っていました。
 斐は鮎図の絵師として著名ですが、その作域は広く、人物画・風景画・仏画など多岐にわたります。描法も、文人画風のものはもちろん、やまと絵風の作もこれまで知られていましたが、18世紀中ごろに流行した南蘋風の花鳥画も近年新たに確認されました。さらに、当時としては最新の絵具であったベロ藍(プルシアンブルー)を使って油絵の技法を用いて描いていたことが、新出作例と「縮図帖」から明らかになりました。
 本テーマ展では、斐の多彩な画域のなかから、鮎・人物・風景に絞り、近年の研究成果とともに紹介していきます。また、斐の高弟として『小泉檀山門人録』の系図に登場していながら、これまでほとんど知られていなかった無名画人・田谷芝斎(1770〜?)の新出作品もあわせて展観します。本展を通し、斐の画業の新たな一面と、弟子・芝斎の活躍をご覧いただければ幸いです。

  全20点展示(うち県指定文化財1点、初公開作品8点)

関連行事
担当学芸員による展示解説
  本展示を観覧しながら、担当学芸員がわかりやすく解説します。
  日時 平成30年9月15日(土曜日)14時00分〜15時00分
  場所 当館展示室2
  定員 20名
  ※参加費は無料ですが、館内を観覧するので、別途観覧料が必要です。


主な作品


小泉斐筆「孔明論将図額」
   初公開 小泉斐筆 「孔明論将図額」 個人蔵



    小泉斐筆「唐美人図」
    小泉斐筆 「唐美人図」
    当館蔵

 
田谷芝斎筆「天岩戸図」個人蔵
初公開
田谷芝斎筆 「天岩戸図」
個人蔵
 

テーマ展「小泉斐の世界−鮎と風景と人物−」出品目録


お問い合わせ
教育広報課 028-634-1312 (直通)
   beyond2020ロゴ